リゾートバイトの感想や注意点、メリットデメリットについて【口コミ】

温泉三昧。

観光し放題。

こういうのが、いかにもなリゾートバイトの醍醐味だと思っていました。

実際に行ってみるとその通りで、毎日温泉入れるなんてのは最高の贅沢なんですが、やってみて分かったもっと大きな魅力があるわけです。

寮費無料、食費無料、光熱費無料

リゾートバイトの最大のメリットは、働いている間は何一つお金がかからないことです。

寮は個室を与えられ、毎日3食無料、光熱費もタダ。

しかも契約満了で交通費も支給です。

もちろん、場所によって違うので要確認ですが。(僕は全部タダのところを選びました)

リゾートバイトは日本各地に、一年中あります。

北海道の冬は厳しいから(一月に北海道に来て死にかけました)、冬は沖縄とか南の方でリゾートバイトして、夏になったら北海道でやってみたいな生活続けたら、すっごい金貯まります。

リゾートバイトは月にどんなに少なくても15万、多いところだと20万超える可能性もありますから、毎月そこそこ遊んでも、一年で100万は余裕で貯まります。

↓僕はそのおかげでこんなことしてます。

現実的に、働かずに遊んで暮らす。人生の75%を遊んで暮らす生活は、誰にでも出来る
現実的に、働かずに遊んで暮らす。人生の75%を遊んで暮らす生活は、誰にでも出来る

あと個人的には通勤時間が歩いて30秒、これが最高です。

東京の高校、大学に通っていたので毎朝毎晩の例のアレのヤバさを知り尽くしています。

東京のリーマンはすごいよ本当に。

僕はもう一生満員電車乗りたくないです。(学生の時に一生分は乗った)

犠牲(?)にするもの

美味しい話には常に裏があります。

以上の話ではただの美味しい話ですが、代わりに犠牲になるものもあります。

まず一つは、急に地元から離れた土地で生活しないといけないこと。

これが出来る人と、出来ない人とが世の中にはいるんだと思います。

あとは、生活と仕事が近いことでしょうか。

生活の場=仕事場みたいな感じがあるので、まあそういうのが苦手な人にはツラいかもしれません。

社員寮とか平気な人は全然大丈夫です。

そういえば、最初はとにかく短期間から始めた方がいいですよ。

ブラックに当たった時にすぐにおさらば出来るんで。(ちなみに短期で入っても、延長は簡単に出来ます。逆に短縮とかは無理なので。)

当たりハズレも多少はあると思います。(リゾバに限ったことじゃないけど)

最初は出来る限り短期で入って様子見、と出るのが得策です。

注意

個人的注意点です。

中抜けシフトは結構大変です。

「通し」と「中抜け」という2種類の勤務スタイルがあります。

通しは普通(?)のシフト。

中抜けと言うのは、朝何時間かやって一度仕事が終わって、夜もう一回仕事に出るっていう…

朝早くて夜は遅くなります。

勤務時間には気を付けた方がいいですよ。

朝は6時からで夜は11時までとかだとさすがにキツ過ぎるんで。

あるなら通しシフトを選ぶべきです。(好みにもよるけど)

まあ、リゾートバイトで通しシフトってほとんど無いんですけどね。

まとめ

リゾートバイトは基本的に、うまいです。

いい話が多い。

ただ、同じ職場で働いても派遣会社によって給料が違うこともザラなので、会社はよくよく選んだ方がよかですよ。

(会社比較書きました。)

リゾートバイト「アプリ」をおススメする理由と、その他の会社比較【口コミ】
リゾートバイト「アプリ」をおススメする理由と、その他の会社比較【口コミ】

僕は専らアプリ党です。(女性にはアルファ推薦です)

「寮個室・寮費無料・1ヶ月前後の短期」って感じで自分なりの条件を決めて探しましょう。

要チェックな条件に付いては以下↓で。

【リゾートバイトの選び方】申し込む前に確認すべきこと7つ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク