自分で選んだ記事をリスト表示させるWordPressプラグイン「Content Views」

自分が選んだ記事だけをリストにして表示することの出来るプラグインを見つけた。

説明が全部英語だったので、使い方も併せて解説します。

「Conten Views」

このプラグインを使うと、タグやカテゴリーに関係なく自分の好きな記事を選んでリスト表示することができます。

使い方

プラグインのインストールと有効化については説明を省略します。

プラグインを有効化すると、管理画面左側のワードプレスメニューの中に「Content Views」という項目が現れます。

ここをクリックします。

すると、まずはこの画面になります。

初めて使う時は、「新規追加」ボタンを押してください。

新規追加を押すと、この画面が出ます。

タイトルを入力します。

このタイトルは、サイトに表示させることも出来ますし、表示させないようにも出来ます。

分かりやすいタイトルをつけましょう。

その下に、「Content type」という項目があります。

固定ページか投稿ページか、リスト表示したい方の記事タイプにチェックを入れてください。

ここからが重要です。

「Common」の「Include only」という項目に、リスト表示したい記事番号を入力していきます。

記事番号とは、「投稿一覧」画面でポインターを記事名に合わせた時に左下に表示される、コレです。

この記事の番号は1409ということです。

数字は半角数字で入力してください。

そして、記事番号同士の間には半角のカンマを入れてください。

ピリオド(.)ではなく、カンマ(,)です。

ちなみにExcludeの方は使ったことがないですが恐らく、入力した記事番号を除いた全ての記事をリスト表示する項目かと思われます。(違うかもしれないけど)

「Limit」の項目は、表示数上限です。

僕はデフォルトの10のままにしてます。

一番下の「Advance」は触らなくていいです。

見え方の調整

先ほどと同じ「Content Views」の画面です。

さっきは「Filter Settings」をいじったので、今度は「Display Settings」をいじります。

まずは「Layout」です。

Gridは、記事名を装飾無しで普通にリスト表示します。

Collapsible Listは、記事名がそれぞれ枠みたいなのに入って表示されます。

Scrollable Listは記事名が一つしか表示されませんが、横にスクロールすることで他の表示したい記事が出てきます。

スクロールしても一個ずつしか出てきませんけどね。

「Grid」か「Collapsible List」 がパッと見で分かりやすいです。

Items per rowは「1」推薦。

「Responsive」はリストの縦の行数なんですが、これは両方とも「1」にしておくことを勧めます。

Formatは、僕はサムネイル非表示にしているので詳細不明です。

両方とも試してみてください。

Fields settings。

チェックを入れた項目が表示されるようになります。

上から順に、「サムネイル(画像)」「タイトル」「コンテンツ(恐らく本文)」「メタ情報」です。

その下では、各項目の調整が出来るようになっています。

主に表示サイズの調整です。

コンテンツを表示させる場合は「Show Full Content」ではなく、「Show Excerpt」にした方がいいです。

「Show Full Content」は、全文を表示する、という意味です。

「Show Excerpt」は、抜粋表示。

抜粋表示する文字数を下に入力できるようになってます。(画像だと20になっている)

「続きを読む」ボタンの文字も変更できます。

「Pagination」は不明です。

僕はチェックを入れてませんが、特に問題ないです。

「Others」の項目では、クリックした際に新規タブで開くか、そのままのタブでページ移動するかを選べます。

「Current tab」を推薦します。(同じタブでページ移動する設定です)

ウィジェットと組み合わせて表示させる

全ての設定が終わったら、あとはサイト内に表示させるだけです。

まずは、Content Views管理画面から表示させたいリストの「Shortcode」を取得します。

取得と言っても、普通にコピーすればいいだけです。

ウィジェットメニューに移動します。

記事リストを表示させたい箇所に、「テキスト」を挿入します。

画像では、投稿ページの本文の上に表示させようとしています。

挿入したテキストの内容部分に、先ほどコピーしたShortcodeを貼り付けます。

タイトルは無記入でOKです。

これで完成。

実際にサイトを見て確認してみてください。

スポンサーリンク







スポンサーリンク