WordPressプラグインでAMP対応するとサイト破壊、PV暴落に繋がる

先日、WordPressプラグインを使ってサイトにAMPを導入した。

すると、GoogleアナリティクスでのPVが暴落した。

PC向けサイトをスマホに対応させることをAMPという。

Google推薦らしいからやったみたのだが、知識のない人間が軽い気持ちでやるべきではない。

簡単に言えば、AMPを導入するとサイトの構成がぶっ壊される。

AMPはサイトを軽量化するという意味合いが強い。

しかしこのAMP、自分で慎重に調整する必要がある。

それをプラグインひとつに丸投げすると、今までに作ってきたスタイルシート等が一切排除され、ただメインの文章だけが並ぶようになる。

画像やリンクすら排除されることがある。

これなら、サイトが重い方がまだマシである。

無知なAMP導入はサイトの破壊となる。

GoogleアナリティクスのPV暴落もAMPが原因である。

AMPを導入すると、AMP化されたページが別途生成される。

このAMP化ページはスマホからのアクセスでのみ表示される。

AMP化されたページではWordPressプラグインはもちろん、Googleアドセンスやアナリティクスのアンカーさえも無効化される。

というか恐らく排除されている。

つまりAMP化ページにスマホからのアクセスのPVを奪われるが、AMP化ページのPVを検出できないのでGoogleアナリティクスのPVが暴落したのである。

なお、WordPressデフォルトのアナリティクスではAMP化ページのPVも検出できるため、GoogleアナリティクスとWordPressアナリティクスでのPVの差に混乱させられることになる。

初めはGoogleアナリティクスの不具合かと考えさせられる。

AMP導入には慎重になった方がよい。

知識があるならいいのだが、詳しくないなら触れるべきでない。

なお、AMP化せずともサイトのPVは上昇し続けている。

気にし過ぎである。

スポンサーリンク







スポンサーリンク