【上級者向け】ワイン道具の揃え方

高級レストランでワインサーブ経験のある筆者が、ソムリエやバーテンダーが使っている道具をまとめる。

なお、ご指導くださったのは札幌にワインショップを持つシニアソムリエの方です。


基本の3種

ソムリエナイフ

ソムリエの最重要アイテム。

使い方が難しいともっぱらの評判だが、上級者としては絶対にコルクスクリューを使うわけにはいかない。(少なくとも、もてなすべき客の前では)

扱いはYouTubeなどで動画を見て練習しよう。

調べても足が付かないような一品であれば安物でもOK、調べて簡単に特定出来るものならば高級品を買うのがよい。


トーション

テーブルナプキンを意味する業界用語。

ワインサーブする時にはワイントーションと呼ぶ。

色は白が好ましく、織り柄の入っているのも上品でいい。

ワイン染みの目立たない赤もよし。

もちろんテーブルナプキンにも流用できる。


ワイングラス

赤、白、スパークリングでそれぞれ専用のグラスがあるので区別して使う。

海外ブランドで圧倒的信頼を集めるのがオーストリアの「リーデル」。

国内ブランドであれば「東洋佐々木ガラス」のファインクリスタル製品が安くて高品質。

凝ったデザインが好みならオーストリアの「スワロフスキー」や日本の「カガミクリスタル」。

なお、グラスには「ソーダガラス製品」と「クリスタルガラス製品」があるが、必ずクリスタルガラスを選ぶ。(詳しい違いは調べてください)


応用の3種

デキャンタ

赤ワインを「開かせる」ために使う道具。

白ワインやスパークリングワインには使わない。

赤ワインはデキャンタに移すことで、味がまろやかになったり香りが華やかになったりする。

ただし、何でもかんでもデキャンタージュすればいいわけでもないので、自分のワインをデキャンタージュするべきか否か調べる必要がある。


ワインクーラー

氷水を入れて、白ワインやスパークリングワインをテーブル上で冷やすのに使う。

ただし赤ワインは常温に近い温度で飲むのが最適であり、ワインクーラーを用いない。

テーブル上が狭い場合に、このようなワインクーラーホルダーを用いることもある。


ワインセラー

ワインの最大の敵は暖気と乾燥で、特に気温30度以上では「ワインが煮える」とまで言われる。

保存の理想温度13度前後を保つためにワインセラーを持つようになれば、いよいよ上級者である。

しかし、個人で持つには敷居が高いと思われがちなワインセラー、今では家庭向けのものがたくさんあり、価格は1万円台と容易に保有できる。

正確に言えば、これらの1万円台で買えるものはワインセラーでなく、加温機能のない「ワインクーラー」なのだが、冷気によるワインの劣化はほぼ無いのでワインクーラーで十分。

湿度も、日本は多湿な気候であるため、湿度管理機能が無くても問題ない。(気になる場合は、容器に水を張って庫内に入れておくとよい)


保存の3種

バキュバン

絶大な信頼を誇る、真空タイプのワイン保存道具。

キャップで栓をして上から空気を抜くだけ。

安くて、簡単で、しかも半永久的に使える。

一本のボトルを毎日飲みながら数日掛けて飲み干したい人に最適。(頻繁にキャップを外す人におススメ)


アンチオックス

近年開発された、脱酸素タイプの保存道具。

使い方は、このキャップをはめるだけ。

ワイン劣化の原因となる酸素のみを、内蔵されたカーボンフィルターによって吸い出してくれる。

種々のワイン協会やワイン専門誌にも認められたすごいやつ。

フィルターの寿命は5年程度。

今週開けたワインを、来週、再来週の土日まで保存したい人に最適。(キャップを外す頻度が低い人におススメ)


シャンパンセーバー

スパークリングワイン専用キャップ。

炭酸が抜けるのを防止する。

ただしスパークリングワインは、保存などせずに出来る限り短時間に飲み干すのが好ましい。


手入れの3種

トレシー

繊維製品で有名な東レの商標登録「トレシー」はマイクロファイバーのクリーニングクロス。

その中でも「グラス拭き用トレシー」は一流のソムリエ・バーテンダーも愛用する品質の高さで、バーのグラスみたいにピカピカに磨き上げることが出来る。

一言でいえば、超綺麗になるグラス専用ふきん。

グラス以外のものは絶対に拭かないこと。

安いトレシーもあるが、サイズが小さいので不便。

最大サイズ「業務用」が正義。


グラス用スポンジ

100円のスポンジでも何でも構わないが、他の食器類(特に油もの)に使っているスポンジとは別に、もう一個グラス用スポンジを用意すること。

油の付いた皿やフライパンに使ったスポンジでグラスを洗うと、ガラスが油で曇ってしまう。

それをトレシーで磨くと、すぐにトレシーの効果が落ちる。

グラス用スポンジを用意して、グラス以外のものを洗わないこと。

グラスはまれに希釈した酢に浸けて漂白すると、なおよい。


ワイングラスホルダー

ワイングラス専用収納道具。

見栄えもよく、あえて目立つ位置で保管することも出来る。

地震対策にもなる。


以上だ。

上級者向けとして書いたためプロ向けの物が多数含まれるが、これらの全てを揃える必要はない。

自分の趣向に応じて、必要なものと使いたいものから入手するのが最良である。

皆さんのワインライフがより豊かになることを願います。

スポンサーリンク







スポンサーリンク