素人目線でMacBookを買うメリットを考えたら、結局は「ステータス」だ

MacBook。

Windowsの同価格帯のPCと比べると、もう明らかに見劣りする感じのスペック。

一体何が良くてみんなはマッキントッシュを買うのだろう?

当然の疑問だ。

結果から言えば、買う理由は「ステータス」であることが多い。

腕時計を買う時に、セイコーじゃなくてロレックスが欲しくなっちゃうのと同じです。

まあ、僕は懐中派だから腕時計着けないんですけどね。

素人には低スペックPCでしかないステータスパソコン

素人的にはこういう考え。

10万でやっと買えるのが「MacBook Air」(MacBookの中では一番安い)。

でもWindowsで10万も出したら、(デスクトップ型だけど)そこそこのグラボの付いた中堅クラスゲーミングPCが買えるではないか。

と。

その通りだよね。

これは普通に事実である。

そのうえで、ステータスパソコンであるMacBookを買うか否かである。

マッキントッシュは「玄人向け」な色合いが強い、と素人ながらに思う。

なんかこう、技術屋さんなんかが重宝してそうなイメージ。

要するに「マックブック メリット」などとGoogleさんで検索しているような素人は、結局MacBookの真の実力は引き出せないであろうし、そもそも必要としてもいないだろうということだ。

しかしMacBookは素人的にもなんとなく魅力がある。

カッコいいから。

薄いし。

軽くて持ち運び便利で、超スタイリッシュ、的な。

見た目はWindowsのどのパソコンとも比較にならないカッコよさだ。

「玄人向け」って感じもなんか良い。

MacBookは世間から認められているステータスパソコンだ。

MacBook Airが一番人気なのは、それが理由だろう。

最も安価で、しかし「MacBook」の名が付いている。

しかも「Air」だけは、ちょっと大衆向けに寄せてある印象だ。

「Air」は「Pro」とかの他のMacBookと比べて、少しだけサイズが大きい。

その代わりに、USBを挿す穴とかがデフォルトで付いているのだ。

(「Air」以外のMacBookにUSB穴が付いてないのが驚きだが、多分素人には理解できない世界の話なんだろう)

あとは素人なりに強いて言うなら、MacBookはディスプレイがめっちゃキレイだ。

写真現像、動画編集、お絵描きなんかをする人には、一つ大きなメリットになる。

グラボとかは入ってないけど基本的な処理能力は普通に優秀だから、普段使いにも十分な性能。

それでもちょっとお高いかなぁ、とは思うけれど、そこはブランド力・ステータスで充分に補って、結局みんな買っちゃう。

それがMacBookなのである。

MacBook Airはギリギリ10万以下だ。

スポンサーリンク







スポンサーリンク