「機内持ち込み可」のキャリーバッグはLCCで機内持ち込み不可である

これからLCCを利用するのに、手荷物をどうするかで悩んでいる人。

それは誰もが通る道なので安心していい。

ただし、「機内持ち込み可」と書いてあるキャリーバッグには気を付けた方がいい。

機内持ち込みは運ゲー

もし手荷物受託を購入しなかったとして、手荷物が空港職員さんに止められるか否か、それは分からない。

運が良ければ、多少サイズオーバーでも行けるかもしれません。

運が良ければです。

ただ、あまりにデカいのは100%無理です。

パッと見でサイズオーバーと分かるようなやつ。

それは確実に止められます。

多少のサイズオーバーでも、大抵はムリだと思っておいた方が安心です。

実際に止められている人は普通にいる

つい先日も見た。

新千歳空港から成田の便で、会社はバニラエア。

その人の荷物は、パッと見ではサイズオーバーかどうか分からないくらいの荷物だった。

しかし職員さんにサイズ検査機(バニラエアが空港に用意している荷物サイズを測る箱)に通されて、アウトでした。

バニラエアの場合は、その箱に入らなければおしまいです。

その場で手荷物受託をしなければなりません。

最近は手荷物サイズ検査が厳しくなった感じがする。

グレーゾーンが黒になってきている。

というか、職員さんの目が鍛えられたんだと思う。

パッと見で、ぎりぎりアウトなやつとかが分かるようになったんでしょう。

 

「機内持ち込み可」に騙されてはいけない

インターネットで買ったキャリーバッグ、商品名に「機内持ち込み可」と書いてあるやつ。

あれは嘘だ。

たしかに、航空会社によっては、LCCの機内に持ち込めることもあるかもしれない。

でも、だいたい無理です。

Amazonとかで商品名に「機内持ち込み可」って書いてあるキャリーバッグ、どれもぎりぎりアウトなサイズのやつばっかりです。

航空会社の手荷物規定のページと、バッグの通販ページを見れば分かります。

「ぎりぎりアウトのやつは、もしかしたら行けるんじゃない?」と思うんですが、ぎりぎりアウトのサイズは、検査されたら100%アウトです。

あと、バッグのキャスターとか、外装部分が寸法に入ってない場合もよくあります。

縦横高さ、どれかひとつでも長さがアウトなら、それはアウトです。

僕はリュックサックで容量も重さも全然少ないけど、一辺だけ長さがアウトだったので受託しました。(事前購入で)

結論、結構運ゲーです。

検査されたら絶対にアウトですが、検査されなければ普通に持ち込めます。

「絶対に検査されない!」という謎の自信がある人だけは、受託無しで行ってみてもいいかも。

旅人がキャリーバッグでなくリュックサックを持つべき理由

スポンサーリンク







スポンサーリンク