暇は潰さず利用せよ。暇を資源として有効活用し、人生を変えていく考え方

暇。

そう感じる時、人間はいつでも貴重な資源を浪費している。

資源は使いようで、エネルギーにもゴミにもなる。

いくつかの重要なことに気付いて考え直すだけで、それは変えられます。

人生を変えるエネルギーを手に入れましょう。

「暇」は時間という資源の浪費

あなたには暇な時間があるか?

余程のブラックに勤めていない限りは、誰にでも暇な時間はある。

休日が何もしないうちに終わっている人は、毎週末「暇だな…」と言ってるんじゃなかろうか。

もし、仕事のない日、特に何もせずに「暇だ」と言って過ごしているなら、それはあまりにも勿体ないことだ。

暇だからと言って、何もしないのに時間が過ぎるはずはない。

じゃあ何をしているかと言うと、だいたい寝てるか、テレビ見てるか、スマホやインターネットに没頭するのがせいぜいだ。

そうやって過ごす時間は何というか、ツラいものです。

時間を無駄にしている実感があるから。

上に挙げたようなものは、どれも「結局は何もしていない」ものばかりです。

テレビを見るとかネット上を徘徊しているとか、どれも自分で能動的に行動していない。

どちらかと言えば情報を受け取る「受動的行為」である。

それらだけに時間を費やしてしまった時、人は、何とも言えない嫌な空虚感に襲われる。

「何もしていない」という自責の念のような。

自由に使えるはずの時間を毎回、そうやって何をするでもなく潰す。

この意識を持てないのは、仕方ないことだ。

実際、多くの人が持てない。

しかしこの意識を持てるようになると、その時間を何かしらに投資・利用しようと考えることが出来る。

何かが違う人は、暇を暇のままにしないものだ。

何かしらの秀でたものを持っている人。

彼らは天才か?

我々が遠く及ばない特別な存在か?

まあ、中にはそういう人もいるが、ほとんどの場合そうではない。

彼らは、時間を上手に使って積み重ね続けた人間の到達点だ。

例えば、毎日1時間の自由な時間を持てるとしよう。

この1時間を無駄にするのは簡単だけど、これを毎日一つのことに費やすとする。

一年365時間で、どれだけのことができるだろうか。

宅建の資格取得の勉強には350時間~400時間ほど使うと言われています。

もし一日2時間なら、一年で700時間超。

気象予報士や行政書士、簿記一級すらも狙える。

もちろん、「続ける」のはすごく難しいことだ。

だからその1時間は、自分が本当に好きなことに費やさなければならない。

でないと続かないから。

でも、好きなことをやってそれを1年でも続けられれば、1年後にはどれだけ違う自分になれていることか。

そう考えてみると、自分の好きな物とは何か、毎日でも必ず続けられることは何だろうか、と考えずにはいられない。

僕からは、資格取得のための勉強などではなく、自分の持っている能力・技術を高めるために時間を使うことを推薦します。

暇だ退屈だと言ってる奴はコレを見ろ。毎日暇な時間でやり続けたら出来ること一覧

スポンサーリンク







スポンサーリンク