嫌煙はほどほどに!受動喫煙を気にし過ぎる人は、心が狭いだけ。

僕はタバコを吸いませんが、タバコを近くで吸われることを決して嫌いません。

しかし世の中には、受動喫煙をやたらと気にする人もいます。

嫌煙とでも言うのでしょうか。

以前に「受動喫煙は能動喫煙よりも体に悪い」という情報が広まったことも、ひとつの原因かもしれません。

中にはタバコに留まらず、タバコを吸う人のことまで悪く言う人もいます。

たしかに、タバコを吸う人の中にはマナーの良くない人もいます。

そのマナーの悪さを咎める分にはいいですし、においが嫌だからと言う人の気持ちも分かります。

ただ、そばに喫煙者がいる度に愚痴っているような人は、ただ心が狭いだけだなと思ってしまいます。

生活習慣見直した方が、健康になれます

受動喫煙がどうとか言う人は、健康被害のことを気にしているようで実はそうでもありません。

そんなことを言う人に限って、生活習慣はボロボロだったりします。

彼らには、たまの受動喫煙をそんなに気にするくらいなら、むしろ普段の生活を見直した方がよっぽど長生きできるよ、と言いたくなります。

自分でどうにでもできる部分を全く改善せずに人のことばっかり言ってる人には、呆れてしまいます。

しかし、実際に健康被害を考えてタバコを嫌がる人ばかりではないでしょう。

何というか、多くの人はただ「なんとなく」でタバコや喫煙者を嫌っているという印象です。

理屈よりも感覚です。

人間は理屈では動かず感情で動くものなので、それは仕方がないとします。

ただそれをいちいち口に出すことは、控えた方が良いです。

喫煙者よりも、タバコをいちいち嫌がっている人の方が、実際には印象が悪いのです。

非喫煙者でも、そもそも喫煙に対してネガティブなイメージを持っていない人もいます。

一定のマナーを守っている以上は、タバコは純粋にひとつの趣味であると考えることも出来ます。

そういう人たちの前でいちいち嫌そうな顔をして嫌煙をアピールしていると、印象が悪くなることは避けられない。

心の狭さを感じさせます。

人の考えにまでとやかく言うつもりはありません。

嫌いなものは嫌い、でいいと思います。

しかし「嫌いだ」という感情は、容易にポンポンと表に出さない方がどう考えても得です。

人はネガティブな意見を出すこと自体に、悪い印象を抱くことが多いのです。

タバコ嫌いに問題はありませんから、どうかそのことを口に出さないでください。

受動喫煙が気になるなら喫煙者と少し距離を取るか、それが出来ない場所なら、直接伝えて遠慮してもらうしかなさそうです。

愚痴るだけなのは、二重に損なのでやめましょう。

スポンサーリンク







スポンサーリンク