初心者におススメの紅茶7選と、これから紅茶を趣味にしたい人に覚えておいてほしいたった1つのこと

紅茶を手元に携えてから早7年。

初心者の時にこれを知っていれば!などと思うことがある。

まず今回は自信を持って「これは初心者におススメである!」と言える紅茶を7つ紹介する。

それと「これから紅茶を始める人にはどうしても言っておきたい」ということも併せて書くことにする。

高い紅茶を飲まなくていい。

紅茶は味も値段もピンキリである。

そして、紅茶の味は値段に比例する。

基本的には紅茶は高いモノが美味しくて、安いモノが美味しくないのである。

しかし初めのうちは、紅茶にいくら金を出そうが味の良し悪しは分からないものだ。

高い紅茶を飲んでも安い紅茶を飲んでも、「ああ、紅茶を飲んだ!」と満足していられる。

逆に言えば、紅茶の味が分からずにいられるのは、初心者の時だけなのだ。

だから初心者に伝えたい。

「安い紅茶で楽しめるうちに、安い紅茶をたっぷりと楽しんでくれ」と。

紅茶を趣味にするうえで大切なのは、高い紅茶を飲み続けることでもなければ、美味しい紅茶の味を理解することでもない。

一番大切なのは紅茶を楽しむことである。

「紅茶人として一番それっぽい」なぁと感じるのは、紅茶の味についてなんやかんやとケチをつけずに、いま飲んでいる紅茶を純粋に楽しんでいる人間だ。

だからあなたが初心者であるならば、こう言うべきだ。

「紅茶についてはまだ浅学だが、今はこの紅茶を初心者なりに楽しんでいる。」(トワイニングを飲みながら)

こんなことを言われたら高い紅茶を押し付けたい高慢な者共も、もはや押し黙るしかない。

こういうことを言える人が本当にいたら、とても素敵だと思う。

紅茶の味なんて、飲み続けてさえいれば嫌でも分かるようになってくるもの。

そう急いても良いことはないのだ。

ゆっくりじっくりと紅茶を楽しみたい。

紅茶コーディネーターが初心者に薦めたい7つの紅茶

1.AHMAD TEA「Classic Tea Selection」

値段は安めだが味は中級。もっと言えば「中の上」くらい。↑は20Pで400円。「ダージリン」「アールグレイ」「イングリッシュブレックファスト」と基本的なところを押さえた手堅いセレクション。とにかく初心者に薦めたい一品であると同時に、そのコストパフォーマンスゆえに脱初心者してからも末永く楽しめるベストセレクション。

2.AHMAD TEA「Earl Grey」

アーマッドの中でも特に薦めたいアールグレイ。100P入って1200円は驚安。クオリティは上記の通り。ただ一種類が100Pはちょっと多過ぎるかもしれない。でもアールグレイ好きなら関係ない。

3.MINTON「バラエティパック」

一流食器メーカーとして有名なミントンから。6種類×9Pで54P入って1200円程度。アーマッドからのワンランクアップを目指す人に。(アーマッドがいかに安いか分かるだろう。)味はまぎれもなく上級。ミントンのティーカップでどうぞ。(ミントンの茶器・茶具は信頼できる)

4.FAUCHON「APPLE TEA」

フォションと言えば?そう、アップルティー。ここまでくると一級品だが、「良いものを知る」の入り口には最適。フォションはパッケージデザインの高級感もいい。部屋にパッケージを置いとくだけでもなんかオシャレ。

5.FAUCHON「DARJEELING TEA」

同じくフォションから。値段は安くないが、まだ「高い!」と騒ぐほどではない。ここまでのおススメでダージリンを出さなかったのは、ダージリンが本当に「ダージリン」になるのはこの価格帯からだと考えたため。

6.WEDGWOOD「ウェッジウッドアソート」

個人的御用達紅茶ブランド。伝統的な一流食器メーカーであり、紅茶も一級品。20Pで1000円。それでも僕がウェッジウッドを初心者に薦めるのは、「品揃えの手堅さ」と「揺るぎない美味しさ」ゆえ。これを飲む機会があった時にはこの味が「本当に美味しい紅茶の味」と覚えておけば、どこへ行っても恥をかくことはない。ただし、初心者が飲む最初のメーカーとしては薦められない。最初にアーマッドティーなどの味に慣れておいて、その後に飲んで「ああ!全然違う!」という感動を味わってほしい。

7.WEDGWOOD「ENGLISH BREAKFAST」

ウェッジウッドのイングリッシュブレックファスト。筆者の最愛の一品。今回唯一のティーバッグではない缶入りタイプの茶葉。↑は缶入り140gのものだが、本当におススメしたいのは「イングリッシュブレックファスト詰め替え用100g」。(アマゾンでも楽天でも見つからなかった。)中身は缶入りと同じだが、とにかく安い。こんなに美味しい紅茶100gが1000円程度で買える奇跡。この缶の蓋を開けた時の紅茶の甘い香りが、まさに至高。

以上である。

良きティータイムの参考に。

【紅茶を美味しく飲む】素敵な高級ティーカップまとめ

紅茶の作法は片手がマナー!ティーポット・カップの正しく美しい扱い方

紅茶の種類まとめ&圧倒的に詳しい解説【専門家が教える】

スポンサーリンク







スポンサーリンク