誰でも分かる紅茶のグレード(等級)解説!オレンジペコってなんだ?

紅茶にはグレード(等級)と呼ばれる分類があります。

この分類は呼び名のせいで、紅茶の品質に関する分類と間違われることがありますが、実際には品質はあまり関係なく茶葉のサイズ・形状についての分類という意味が強いです。

品質について言う場合には、チップ(芯芽)を多く含む方がより高価・高品質であるとされています。

製法によっては以下で説明するグレードに当てはまらない場合もあります。(例外で説明します)

また、実のところ紅茶の等級についてはハッキリと分かっていない不明瞭な部分も多く、単に伝統であるがゆえに使用されているという側面もあり、専門家でも解説に困ることがあります。

これらのことを踏まえて、茶葉のグレードについて見ていきましょう。

・FOP=フラワリーオレンジペコー

・OP=オレンジペコー

・P=ペコー

・BP=ブロークンペコー

・BOP=ブロークンオレンジペコー

・BOPF=ブロークンオレンジペコーファニングス

・F=ファニングス

・D=ダスト

例外:CTC製法

余談:FTGFOP1=ファインティッピーゴールデンフラワリーオレンジペコー1

茶葉のグレード

FOP(フラワリーオレンジペコー)

最も茶葉のサイズが大きいものに付けられる等級で、非常によく見るグレードです。

しかしFOPとOPの明確な違いを提示することは難しいです。

サイズ・形状としてはOPと全く同じですが、より高価・高品質のものに付けられている印象です。

OPと比べてより多くのチップを含んでいると言われていますが、真偽は定かではありません。

OP(オレンジペコー)

市販の茶葉でよく見られるグレードで、茶葉は1センチ前後の細長い形状です。

チップが多く含まれます。

グレードの名称「オレンジペコー」自体を商品名として販売されることもあります。

その名前から、アールグレイのような柑橘系のフレーバーティーと間違われることもありますが、実際には単なるセイロンブレンドだったりします。

語源については諸説あります。

紅茶以前に伝わっていた白毫(白茶のこと、読みはパイホー)の読みがペコーと変化し、その後伝わった紅茶を紅い白毫「オレンジペコー」と呼んだ、という説を紹介しておきます。

茶葉が大きいので、抽出に時間がかかります。

P(ペコー)

オレンジペコーよりは少し小さく、チップを少し含みます。

5ミリ~7ミリ程度の大きさ。

BP(ブロークンペコー)

ペコーよりも小さく、チップを含まないため中級品とされています。

このサイズからはティーバッグに使用されることもあるが、BPはティーバッグにするには少し大きめである。

BOP(ブロークンオレンジペコー)

本来OPとなる茶葉が細かく砕かれたものです。

細かさゆえ抽出しやすく、チップを多く含んで品質も良いので需要が高い。

ティーバッグでも頻繁に使われますが、ポットで淹れるにも適しています。

高級紅茶の代名詞となることもあります。

BOPF(ブロークンオレンジペコーファニングス)

BOPよりも細かいサイズのものですが、品質はBOPと同等と言えます。

抽出が非常に早く、一般的にはティーバッグでの使用となります。

F(ファニングス)

サイズはBOPFとほぼ同じで、明確な違いが無い。

BOPFより水色も味も濃く、渋みも強い代わりに香りが弱いと言われています。

D(ダスト)

最も小さいサイズの茶葉です。

他のグレードの茶葉製造の際に出てくる副産物のような存在ですが、高品質な茶葉の製造で生まれたダストは、元の茶葉と同じく高値で取引されます。

ティーバッグで使われます。(恐らくティーポットでは使えない)

紅茶グレードのこぼれ話

例外:CTC製法

以上で解説した茶葉のグレードは、いずれも「オーソドックス製法」と呼ばれる最も普及している製造法により作られた茶葉のグレードです。

上記のどのグレードにも当てはまらない茶葉として、CTCの茶葉があります。

これはCrush(押しつぶす)Tear(引き裂く)Curl(丸める)という工程を経て作られた茶葉を指します。

形は小さな粒状で、丸められているのが一目で分かります。

アッサムとケニアに多く見られます。

余談:FTGFOP1

余談ですが。

僕が今までに飲んだ紅茶の中で最もハイグレード(笑)な茶葉にこんなものがあります。

FTGFOP1(ファインティッピーゴールデンフラワリーオレンジペコー1)です。

インドの紅茶専門店「ミッタルティー」のダージリンでした。

これは何かというと、要するに見栄です。

冒頭でも「FOPとOPの明確な違いは説明できない」と言いましたが、そのF(フラワリー)と同じようにFTG(ファインティッピーゴールデン)というのも明確に説明が付けられるものではありません。

紅茶のグレードには全体的に曖昧な部分が多いのですが、この見栄に関して言えばもはや何一つ規定など無く、どの紅茶にでも付けようと思えばFTGFBOPなどと、製造者・販売者側で付けることが出来てしまいます。

一応の意味としてはファイン(最高の)ティッピー(チップを含んだ)ゴールデン(黄金に輝く)というような褒め言葉です。

言葉に騙されてはいけませんが、それでも本当に良い出来の紅茶にたくさんの褒め言葉を付けたくなる気持ちは分かりますね。

ちなみにそのFTGFOP1ダージリンのお味は……とても美味しかったです。(本当に)

いかがでしょうか。

曖昧な部分の多さには少し驚くかもしれませんが。

本当には分からないところは「不明瞭である!」とはっきり断定されるべきなんですが、専門家たちが「知らない、分からない」では格好がつきませんから、そこのところを明確には言及していないんですね。

だから調べても調べても分からないことが多いのです。

しかし「知る」というのは紅茶の楽しみ方の一つでしかありませんから、あまりこだわり過ぎずに紅茶の味を楽しんでもらいたいものです。

【紅茶コラム】本場イギリス流の紅茶の飲み方はポットではなくティーバッグ

【紅茶コラム】日本語「紅茶」英語「black tea(黒い茶)」の理由と「ポットのための一杯」の要否

スポンサーリンク







スポンサーリンク