【初心者向け】紅茶道具って何買ったらいいの

紅茶を楽しむための道具一式を、今回は初心者向けのチョイスで選んでいく。

初心者向けである理由も明記する。


最低限必要なもの

ティーポット

耐熱ガラスのティーポット。

蓋の下が茶漉しになっているので、ティーストレーナー(紅茶用茶漉し)などを用意する必要がない。

とにかく楽に淹れられるのがポイント。

いまは紅茶初心者で、これから紅茶を趣味としていくのであれば、最初はなによりも続けることが肝心。

初めから手間のかかる淹れ方をしていては続けられないから、まずは簡単に淹れることに重点を置く。(紅茶の淹れ方に凝り始めると、いよいよ泥沼なのである)

フレンチプレスタイプや、一人前専用ポットも楽なので薦められる。

↑フレンチプレス

↑カップ一杯分専用


ティーカップ

初めは、カップと名の付くものなら何でもよいと思う。

ただ↑これを選んだのにもワケがある。

もしあなたに、紅茶を本格的に楽しもうという気持ちがあるのなら、安くても良い物を手に取ってほしい。

そこで国内の一流ブランド「ノリタケ」のカップを選んだ。

価格は2000円。

海外ブランドのカップに比べれば最低でも半分以下、高級品と比べると10分の一、20分の一以下の価格だが、ノリタケの陶器は、モノは一級なのである。

カップに2000円は高い!ということであれば、100均の白いティーカップやマグカップでも構わない。

最初はこだわり過ぎないことも大切だ。


揃えたら素敵な道具たち

紅茶はポットとカップがあれば十分楽しめる。

しかし、初心者なりにもうちょっと凝りたい、という人向けに以下を提案する。


ティーメジャー(ティーキャディースプーン)

茶葉を量るのに使うスプーン。

サイズは小さく、有機的なモチーフのデザインが施されているものがほとんど。

まれに柄の長いものがあるが、長い方が絶対に便利。(紅茶缶の中から茶葉をすくう時に楽)

「山盛り一杯で何グラムなの?」という疑問は初めに誰もが抱くものだが、それは茶葉の形状によって変わってしまうため、実際にはティーメジャーを計量に使うことは不可能。


スケール

そこで必要なのが電子スケール。

0.01gまで量れるものが最適。(正確な計量は紅茶の基本)


ティーストレーナー

淹れるのが格段に楽になる、ボールタイプのストレーナー。

ティーポット要らずで、リーフタイプの紅茶を淹れることができる優れもの。(ただし味はポットよりも落ちる)


安くても美味しい紅茶

紅茶は基本的に、高いものが美味しい。

しかし初心者に100g5000円の紅茶を薦めるわけにはいかない。

そうかといって、ルピシアなどを使ってもらいたくはない。

同じ値段を出すのならばより良質なものを選んでもらいたいので、安くても美味しい紅茶の例をいくつか挙げる。


ウェッジウッド「イングリッシュブレックファスト」

クオリティに対して値段が釣り合っていない、唯一の「破格の安さの紅茶」。

この紅茶だけは未だに「なんでこんなに安いの?」と不思議に思う。

ウェッジウッドのこれ以外の紅茶は、ほぼ値段相応。


リーフルダージリンハウス

http://shop.leafull.co.jp/index.html

茶葉の買い付けから販売までを手掛ける、日本の紅茶ブランド。

レストランやカフェ、喫茶店からの信頼も非常に厚く、銀座のフレンチレストランなどでも使用されている。

リーフルでは、ダージリンに関しては最高級品ばかり取り扱っていてどれも初心者に手が出せるようなものではないが、ダージリン以外の銘柄は驚くほどお値打ち価格。

その時々で販売銘柄や価格が常に変動するので、要チェック。


ティーバッグ

気軽に楽しむ紅茶と言えばティーバッグ。

安さに反して、値段以上の価値があるかもしれないのはアーマッドティー。

紅茶中級者以上でも十分使える逸品。

初心者でアーマッドを使っていたら「お、なかなか良いセンスだな」と思う。

アーマッドに勝るとも劣らないのはミントン。

イギリスの伝統ある陶磁器ブランドだ。


ここまでにしておく。

あまり多くを詰め込むのも良くないと考えて、必要最低限の範囲内でリストを作った。

これから中級者向け、上級者向けリストも作っておくのでそちらも合わせて参考にしてもらいたい。

スポンサーリンク







スポンサーリンク