好きなことを仕事にする、の現実

生活スタイルのせいか、「好きなことを仕事にしている人」に出会うことが多い。

そんな彼らの現実を、もっと世の人々に伝えたい。


儲からない

好きなことで生きている人は、お金に余裕がない。

なぜなら「好きなこと」は儲からないからだ。

彼らは口を揃えて言う。

「バイトしたり会社に勤めた方が明らかに稼げる」

会社は生産性の塊だ。

会社は最大限効率よく利益を追求する仕組みを持っているから、たくさんの従業員を雇って、多額の給料を支払うことが出来る。

そこへ行くと「好きなこと」は大変非効率的で、金を稼ぐのには向いていない。


リスクテイク

好きなことを仕事にする人は、金のために働くことはできない。

実際にはその逆。

働くために、金を使わねばならない。

例を挙げよう。

レストランを作りたければ、まず最初に、土地と建物を手に入れるために金を使う。

次に、調理道具を買うために金を使う。

行政への申請を行うために金を使う。

従業員を雇うために金を使う。

食材を買うために金を使う。

そうして初めて「いらっしゃいませ!」と言って、自分の仕事ができる。

好きなことを仕事にする人は、働くために金を費やしている。

無論、始めは大赤字だが、リスクを取らざるを得ない。

それが好きなことを仕事にするということ。


人格者

商売をするには信頼が要る。

会社やNPOは、国から認可を受けて「法人」という肩書を持ったり、多量の実績を残すことによって、容易に信用を築く。

社員として働くなら、会社の信用をそのまま我が物に出来る。

有名大企業の社員、メガバンクの銀行員というだけで、信頼を得られることもある。

しかし個人事業ではそうはいかない。

事業主自身の言動によってのみ信頼を得られるので、長く個人事業を続けている人には人格者が多い。

人格を備えない者は、技術があっても認められないことがある。


幸せ

好きなことは儲からない。

リスクテイクに信頼構築と、苦労する。

それでも、好きなことを仕事にしている人は幸せに生きる。

彼らは「やりたくない仕事で中途半端な金持ちになる」より、「好きなことに密着して働きづくめの生活」を自分の意志で選んでいる。

彼らにとってはその方が幸せなのだ。

好きなことで質素に飯を食う覚悟のある者だけが、好きなことを仕事にしている。

これが現実のようだ。


誇れる

どんなに小さな稼ぎでも、仕事を聞かれた時には自分の仕事を大いに誇れる。

働いていることが自慢になり、生き甲斐になる。

スポンサーリンク







スポンサーリンク