煽り抜きでヤバいと思った日本一周者。2018年版「頭おかしかった旅人」大賞

2018年もやべーやつが沢山いた。

注意喚起の意味も込めて、特に変わり者と認められるやべーやつをまとめる。

最後にトップ5を発表する。

だくろ兄貴

一般人風の空気を醸し出すのが実に上手い。

普通そうに見えてホントはヤバいと専らの噂。

あつし兄貴

未曽有のバイク好きで、いつもバイクの話をしている珍車乗りの元日本一周者。

すずぽん兄貴

短い滞在期間で強烈な印象を残した青森のやべーやつ。

普段は飄々としているが、バイクに跨ると豹変する。

りょん兄貴

下ネタばかり言うから最初はかなり引いた。

見た目はヤンキーだけど実際は穏やかですごく優しい、しかも物腰柔らか。

タカ

時速1000キロで走ってた。

やっち兄貴

筋肉。

なつこ姉貴

入れ墨だらけの姉ちゃん。

たいるん兄貴

2018年最も良識的なサイコパス。

孤面ライダー

多重人格疑惑があり、本人曰く「二重人格だからセーフ」。

アスパラ君

2018年蜂宿最長滞在記録保持者。

静かな読書家だが話すと大分面白い。

ロシア兄貴

ウラルに乗ってるロシア人っぽい兄貴。

比較的、ちゃんとしてそう。

とね君

去年からの自転車日本一周者であり、自転車24時間耐久レースで571キロの記録を打ち立てた怪物。

謁見した際は物静かな青年にしか見えず、詳しいことは未だ分からないが、相当ヤバいという噂しかない。

2018年やべーやつ五大老

5位.「ぶぶか姉貴」

ママチャリで日本一周しているお姉さん。

金なし、職なし、男なし。社会不適合者でワーキングプアでジャニヲタの崖っぷちアラサー喪女

とかいうツイッターの紹介文に、ヤバさと文学的センスと社会への怒りを感じずにはいられないヤバい姉貴。

北海道にいる間、ジャニーズのコンサートのためだけに、北海道と東京を電車で往復していた。

4位.「t」

蜂の宿の二代目散財担当。

パソコン、クラリネット、ゲームソフト(アマガミ)、カメラなど日本一周中に余計なものばかり買う車載主。

日本一周後も地元大分県から二週連続で東京に来るなど散財に余念がない。

日本一周の途中でシュタインズ・ゲートのダルに扮して夏コミに参加、その衣装やパーマ染髪にも金を注ぎ込んだやべーオタク。

3位.「K」

19歳にして自転車で日本一周を始めたチャレンジャー。

岩手で出会った当初の「果敢な青年」という印象は既に朽ちて、今ではすっかり「福島のやべーオタク」。

ただ根性と負けん気の強さ、自分への厳しさで彼の右に出る者はいない。

その強さを以てすれば何をやっても成功するだろうなと、内心憧れている。

2位.「19歳」

皆から「19歳」と呼ばれている19歳の原付カブの日本一周者。

クソ生意気だとしばしば批判されているが、それが彼の面白いところ。

高校を卒業して大学進学か就職するのが当たり前のこのご時世に、高校卒業後すぐカブに跨って日本一周に出たという猛者。

図太いし大胆だから、何か面白いことをやってくれそう。

2018年最も頭おかしかったで賞「まつ」

煽り抜きで頭がおかしい、なにわの日本一周2017年勢。

「オフ車でガバツーは無理」とか言ってる割に、過去に丸一日かけてカブ110で1000キロ走破してるガバ男。

今年はバイクで北上する予定が、何故か途中で四輪車に乗り換えて来た。

筆者を凌ぐほどの道化師であり支離滅裂な狂言を日頃繰り返しているが、他人行儀にすると明朗快活謹厳実直の好青年風になる。

実際はただのヤバいオタク。

2018年雪月花廊最長滞在記録保持者でもあり、おるらった氏曰く「雪月花廊の備品」。

ただ、雪月花廊で見せた真に子供好きと云う一面には誰もが驚き、好印象を持たずにはいられなかったはずだ。

おまけ:2018年最もまともだった日本一周者「星川兄貴」

他にも変な奴ばかりがのさばる旅人界隈で、唯一まともだった年長でクソでか器の兄貴。

見た目で同い年くらいと思ったら10歳年上でたまげた。

歳のせいか些か涙もろい。

あり得ん寛大で、日本一周2018年勢の心のよりどころとなっている。

会いた過ぎて先日筆者の夢に出てきた。

以上である。

筆者の独断と偏見による紹介だが、異論は一切認めないのでよろしく。

「この人忘れてない?」等の意見があったら追記するかも。

それでは、よいお年を。

スポンサーリンク







スポンサーリンク