没個性に注意!日本一周するなら面白い目的や目標を持とう

日本一周。

始めると宣言した時、周囲の人間は驚いただろう。

無理もない。

実際それはすごいことである。(特に自転車日本一周はすごいと思う)

しかしこれから日本一周の皆さんには気を付けてもらいたい。

これからあなたが出会うのは、度を越えたヤバい奴らばかりだから。

日本一周の者共を見ると、皆それぞれ強烈な個性がある。

個性が無いはずがないのだ。

自転車で日本一周などやりだすような人間が、ヤバくないわけがない。

むしろ揃いも揃ってイカれてる。

彼らは皆、地元に帰ればヤバい人呼ばわりされているような奴らばかりだ。

(割とみんな、地元ではヤバい奴だと思われてる、というところで一致する)

しかし一度旅に出れば、話は違う。

そんなヤバい奴らが集結して、集団で寝泊まりするのだ。

どの界隈でも同じだが、似た者同士が集まってくると没個性するものだ。

豪傑の集い、夏の北海道

普通、「日本一周してます!」と言えば大層注目を浴びるものだ。

自転車でやってる人でもバイクでやってる人でも、日本一周勢はみな、行く先々で珍しがられて、重宝されて、もてなされてきている。

自転車やバイクの後ろに「日本一周」と看板を掲げるから、一目で分かる。

それで声を掛けられる。

しかし、まだ旅に出ていない人には分からないが、日本一周者という奴らは世の中にごまんといる。

毎年、石を投げれば当たるくらいにはいる。

そして大抵、夏の北海道に集結する。

夏の北海道では、ひとつの宿に5人や10人、それを越える日本一周者が居合わせたりする。

もう誰が誰だか分からない。

どこへ出しても恥ずかしい一人前の変態が、「ああ、君もか」の一言で片付けられる世界である。

自分と同じような人、もしくは自分よりも遥かにヤバい人たちに囲まれることになる。

没個性したことに驚いて、それまで以上にヤバい人と化す旅人さえもいる。

ただの日本一周ではもったいない

「日本一周してます!」だけの人は、どうしても印象が薄い。

日本一周の人はたくさんいる。

もったいないことだ。

せっかくの日本一周だから、全国を周りつつ面白い目標を達成していくのはどうだろう。

「全県制覇」「東西南北の最端制覇」「全県でグルメ」「全県で宿泊」このあたりはまだ珍しくもない。

徒歩100%(ヒッチハイク等も無し)で日本一周

全国の美女を探して日本一周(随時写真アップロード)

バイクで日本一周(5年目)

自転車日本一周(だけど途中でバイクに乗り換えた)

印象に残ったのはこういう人たちだった。

どれもこれも、ヤバい人しかいない。

これくらいやると中々目立つし、面白い。

まあ、ここまでやる必要もない。

ちなみに筆者の日本一周の目的は「各地で人との繋がりを作って、なかなか前に進まない激遅日本一周の旅」である。

追記:そして今のところは、それをゴリゴリと達成できているという実感がある。(現在、日本一周開始から100日以上経過中)

せっかくの日本一周。

自分なりの、他の人がやってなさそうなことを目標にして、面白おかしく旅したいものだ。

スポンサーリンク







スポンサーリンク