話し下手が人前で話すための演説・スピーチの裏技5つ

人前に立って話をするのは難しい。

たくさんの練習が必要であり、しかし練習よりも何よりも経験が求められるからである。

僕は幸運にも、お笑いという経験のおかげで人前で話をする機会に恵まれた。

今日は、人前で話し慣れない人のために、意識することで少しでも上手に話せるようになるポイントについて、難易度ごとにまとめてみる。

目次

1.初級:見る場所を決める

話の下手な人は、目が泳ぐ。

話し慣れていないと、聞き手ひとりひとりの目を見ながら喋るのはとても恐いのだ。

最初は慣れる必要こそあるが、聴衆の中から2、3人でいいから「この人の顔を見て喋る」と決めておくとよい。

「この人とこの人なら目を合わせられる」という人が少しいるだけで、喋りは劇的に変わる。

もし聞き手と目を合わせることに自信が無ければ、向こう側の壁の柱や貼ってあるポスターでもいい。

喋っている間は目をキョロキョロと動かさずに、とにかく一点を強く見つめて喋ることで、あなたの喋りは大きく前進する。

2.初級:話を簡潔にする

これは準備段階で十分に対策が可能である。

話す内容を決してアドリブにはせず、事前にきちんと練っておくことだ。

下手な人にありがちなことだが、内容をあらかじめ推敲せずに、もはや諦めて半ばアドリブで話したりする。

それは無茶が過ぎる。

話の上手な人ほど、人前に出る前によくよく内容を吟味して、それを頭に叩き込んでいるものだ。

彼らは、アドリブでは決してスピーチが上手くいかないことを理解している。

あらかじめ喋ることが決まっているなら、何日かかけて入念に喋る内容を推敲しよう。

即興で話すことになったとしても、出番までの僅かの時間で、話す内容を決めて分かりやすくまとめよう。

この努力なくして、スピーチの成功はあり得ない。

いつも話が上手くいかない人は、まずはこの部分からの改善を勧める。

3.中級:強調する言葉を決める

一本調子のスピーチは、聞きづらい。

人は普段、無意識に多少の抑揚をつけて喋るが、人前に立った途端に多くの人はそれが出来なくなる。

ただ、それが出来ないのはおかしなことではない。

人前に立ってなお「いつも通り」でいられるためには、並々ならぬ場数を踏んでいなければならないからだ。

いつも通りに強弱をつけて話すのは難しいかもしれない。

しかし、あらかじめ強調する言葉を決めておくこと、その言葉を本番で強調して発音することくらいは誰にでも出来る。

誰にでも出来ることを、全てやっておくことが重要である。

多くの人はそれすらもやらないため、これだけでも十分な差がついてしまう。

4.上級:必要なことだけを喋る

話しの下手な人は、余計な言葉を使って話をややこしくする。

余計な接頭語を多用したり、「えー」などの無駄な発音がそれにあたる。

話がダラダラと長くなり、その割に中身が薄くなるという最悪の状況を生み出してしまう。

これらの言葉を使うことが癖になっている人もいる。

次の言葉が出るまでの繋ぎとしてつい使ってしまう、というように。

癖になっている場合、強く意識しなければ直らない。

余計な言葉を使うくらいなら、いっそのこと沈黙していた方がマシである。

無駄な言葉を発するかわりに、じっと黙り込むようにしよう。

すると、沈黙の時間と喋っている時間が出来て、それが抑揚にもなる。

5.超上級:沈黙で引きつける

話が上手な人は、沈黙をうまく使う。

沈黙を使いこなせると、聴衆をグッと鷲掴みに出来る。

しかしこれはとても難しく、実際には聴衆から「絶え間なく言葉を発さなければならない」というような圧力を感じてしまう人がほとんどである。

それを「人に呑まれる」と言う。

沈黙の使い方は主に2つある。

話しの合間合間に自然に沈黙を入れる。

注目を集めるために、わざと長い沈黙を作る。

いずれも、場数を重ねに重ねた末に使いこなせるようになる至難の業である。

使えるようになりたい人は、アドルフ・ヒトラーやスティーブ・ジョブズのスピーチ動画を参考にするのがよい。

話が下手なのは、特別なことではない。

生まれつき話の上手な人はほとんどおらず、話の上手い人は、みんな努力して話し上手になっている。

簡単なことから取り組むこと。

それが最も大切である。

下手な人ほどアドリブする。人前で喋る時に絶対にやってはいけないこと

1000人を相手に平然と喋ろう!人前に出ても緊張しない方法

スポンサーリンク







スポンサーリンク