日本一周するために買ったものと買わなかったものまとめ

筆者が旅をするために買ったもの、買い直したものをまとめた。

そのついでに、悩んだ挙句に買わなかったものも書くことにした。


買わなかったもの

テント

一人用テント。

日本一周者なら誰もが持っているマストアイテム。

と思いきや、日本一周者のあいだで通称「実家」と呼ばれているネットカフェ「快活クラブ」のせいでテントを使わない旅人が急増中。

筆者も毎回ライダーハウスやゲストハウスに泊まるため、テント無しで余裕。


寝袋

テントと同じ理由で不要。

本音を言うと、テントは無くてもいいが、寝袋は有るに越したことはない。

ライダーハウスによっては布団が無く、寝袋必須の場合もあるからだ。

それでも筆者は寝袋を持たないんですけどね。


アウトドア用バーナー

キャンプや野宿で便利なガスバーナー。

キャンプ旅をするなら必須アイテムだが、筆者はいつでも宿のガスコンロを使用。


キャンプクッカー

日本一周者は割と持ってる料理セット。

スノーピークのものを持つのが旅人にとっての自慢。

なお、筆者が持っているのは紅茶用ポットだけ。


買ったもの

白シャツ

人間は見た目が大切。

しかし旅が長くなると、清潔感を保つことが難しくなる。

綺麗な白シャツで身なりを整えて、最低限の社会性を維持しよう。

「ノンアイロン」が絶対条件。(旅先ではアイロンかけられないから)


ネクタイ

ワイシャツに同じ。

「日本一周者」「旅人」と言えば聞こえはいいが、世間的にはただの浮浪者なので、人権を得ようと精一杯の努力をしている。

少しでもマシなルンペンになろう。

人生は、身なりを整えるところから始まる。


バイク

気分的にCB400SFからCBR250Rへ鞍替え。

謎の排気量ダウンで敗北を知った。

人によっては自転車だったり、自動車だったりする。

稀に「己の脚」という猛者もいる。


サイドバッグ

積載用サイドバッグ。

バイクに安全に固定して使える。

すごく便利。


デカいバッグ

バイクのタンデムシートに無理やり乗せて、紐で固定する。

長旅の者には必須。

バッグに限らず、箱でも何でもいいし、むしろホムセン箱が主流。

旅人の個性が出るポイント。

パニアケース付けてる奴は真面目、もしくは金持ち。


伸縮性のある丈夫な紐

デカバッグを固定するのに必要。

百均のとかで十分使える。

前は網目のやつ使ってたけど、紐の方が汎用性高いし、何だかんだでしっかりと固定できる。


フルート

旅には音楽。

本当はピアノがいいけど、それは持ち運べないのでフルートで妥協。

楽器を所持する旅人は多い。


アクションカメラ

撮影用に買った。

ヘルメットに装着して使う。


エプロン

料理用に必要でしょ。

選ばれたのはなぜかサロンエプロン。

でも調理道具は買わない。


紅茶

イギリス人として当然の選択。

2018年はマリアージュ・フレールのエロスだけ積載。

2019年はリーフルのアッサム、ラプサンスーチョン、キーマン、ウバ、あとは日東のアッサムを積んだ。


ティーカップ

イギリス人だから。

筆者の愛用はロイヤルアルバートのオールドカントリーローズ。


パソコン

現代人なのでパソコンがないと生きていけない。

マウスコンピューターが愛用。


ポケットWi-Fi

UQ WiMAX。

現代人なので。


以上。

他にも細々としたものはあるが、キリがないので割愛。

人によって必要なものは違うからね。

スポンサーリンク







スポンサーリンク