旅しながら暮らすを現実的に叶えるなら、リゾートバイトは最も簡単で確実

金が無いけど長旅をしたいという者には、リゾートバイトなど推薦したい。

リゾートバイトである必要はないが、なにしろリゾバは見つけるのが簡単であるから人に薦められる。

しかも日本全国どこにでもあるのでなお良い。

沖縄やその他の都道府県の離島にすら、リゾートバイトはある。

沖縄なら波照間や西表島や宮古島、北海道なら礼文島などである。

実質「0円での移住」

リゾートバイトはプチ移住と言っていい。

リゾートバイトは住み込みが前提だ。

しかも寮費が無料であることが圧倒的に多い。

食事も一日二食など無料になっていることがよくある。

リゾートバイト生活に入った途端、生活に金が全くかからなくなるうえにそこそこ稼げる。

普通にやれば一ヶ月で20万前後貯金が出来る。

実質0円での短期移住生活である。

募集期間は様々であるが、探せば1、2週間などという極短期から見つかる。

以前に2、3日という募集期間まで見たことがある。

なお長期に関してはいくらでも延長が可能であるから、初めに一ヶ月前後の短期で入っておいて、そこが良ければ延長する、というやり方を勧める。

加えて、驚くべきことに交通費が支給される。

筆者などは好きで地方へ旅に出掛けているのだが、それは関係なく旅費が出る。

先日、筆者は旅のためにしばらく北海道に滞在していたが、その滞在地の近所で勤めた際は、3万円が交通費の名目で支給された。

筆者の住所(住民票)が関東にあるためである。

なお勤務期間はたったの一ヶ月である。

かえって申し訳ないとすら思った。

現実的に放浪生活

短期のリゾートバイトをしながら周っていけば、今まさに無一文でも長旅を始められる。

最初に一ヶ月、多少の貯金を作ることを意識してリゾバをやれば、その後2ヶ月はまず働かずに旅できる。

筆者の場合であれば一ヶ月の勤務でその後3ヶ月は放浪できる。

勤務地に行くだけの金さえあれば、すぐに始められる。

リゾートバイトには多くの会社があるが、はたらくどっとこむが最も印象が良い。

女性であればアルファリゾートも推薦できる。

その他の会社はあまり薦めない。

リゾートバイト「アプリ」をおススメする理由と、その他の会社比較【口コミ】

とにかくワガママを言え!リゾートバイトで絶対に損をしないために心得ておくべき3つのこと

スポンサーリンク







スポンサーリンク