会社はバックレてでも辞めていい。辞めなければならない。

白状すると、僕は就職していないので関係ない。

だが転々と旅する先で少々アルバイトで雇われてみると、その会社の酷い有様を垣間見ることが出来る。

短期間に雇われたアルバイトが、社員よりも働かずして社員よりも高い給料をもらっている。

おかしいと思わないだろうか?

会社を困らせること

悪い会社は世の中に平然とのさばる。

日本人が会社を困らせることを知らないからである。

会社がブラックである以上、会社は困らされねばならない。

自社員をこれでもかと虐めて迷惑をかけた会社がのうのうと生き残っていいはずはなく、自ら雇った社員たちの手によって破滅に追い込まれるべきである。

現状はこうである。

「給料を上げるべき」「サービス残業廃止すべき」「定時退社させるべき」と叫んでいる人間たちが、実際にはブラック企業に低賃金、サービス残業、長時間労働の常態化を許しているのである。

それらを会社から強いられている社員たちは不満を抱いて、それらを批判する。

しかしよく見ると、彼らは文句を言いつつもそれを「やっている」。

やっている、というところが重要である。

会社としてはいくら批判をされても「それをやってくれる人」がいさえすれば、全く容易に存続できるのである。

批判は攻撃にはならないことを、まずは理解せねばならない。

ブラック企業に限らず、会社は社員がいて初めて成り立つ。

本来ならば会社は社員に頭が上がらないはずである。

社員をぞんざいに扱うなどすれば、社員の反発により会社の経営が立ち行かなくなるかもしれない。

しかし日本では違う。

日本人は不思議なくらい従順で反発する事を知らない。

これは全く教育(洗脳)の賜物である。

それで会社が好き放題出来てしまうこの状況が完成した。

ダメな会社は社員の辞職やバックレなどで当然苦しむべきであるはずが、社員を奴隷のように扱っては随分平気な顔をしているものだ。

そして社員は病み、消えていく。

一方で会社は社員を使い潰しながら発展し続ける。

バックレたりしない善人が死に、悪の組織だけが生き残るのである。

こんなにおかしな話は聞いたことがない。

良くない会社は出来る限り多くの被害を受けねばならないし、そうして破産に追い込まれねばならん。

それは現在の社員のためでもあり、未来の社員のためでもある。

これ以上、無垢な新社会人が血と涙を流すようなことがあってはならない。

未来の新人を守るためにも、自分自身を守るためにも、ブラック企業の社員はただちにバックレてでも辞職すべきである。

実はストライキも有効な手段だが、ストライキは一人では出来ない。

対して辞めるのは一人でも出来るのでこちらを推薦する。

もしくは「厚生労働省に通報」するのも手だ。

厚生労働省に通報するのは簡単で、「ブラック企業 通報」と調べれば一番上にメール窓口が出てくる。

場合によっては労基署の立入調査が入ることになり、会社にとってはかなりまずいことになる。

何もそこまでしなかったとしても、バックレてやるだけで相当困るはずだ。

バックレなかったとしても、普通に退職するだけでも充分に困らせることが出来る。

こうなれば皆で辞職するしかあるまい。

まずい会社を辞めたところで、経歴の傷にもならない。

是非とも辞める勇気を持っていただきたい。

「今の仕事も頑張れないのに、辞めてもどうにもならないよ」みたいなことを言われたら

会社を辞めたい人が仕事をバックレても全然OKな理由。バックレは労働者の権利なのであった

スポンサーリンク







スポンサーリンク