働かずに生活する。誰にでも出来る、旅と居候を楽しむ生活

皆さんこんにちは。

僕はいま山形にいます。

日本一周の途中ですが、再び山形市にて引っかかり中です。

居候に昔から憧れていましたが、そんなもの今どき無いと思っていた。

でも旅に出てみると、意外とたくさんあった。

今日はそんな話です。

居候は、幸せである

数日前まで米沢のとある秘湯の温泉旅館で、僅かに一週間居候(というか普通に給料もらってましたが)やってました。

そこを出てからこちらに来ましたが、再び居候生活が始まりました。

今は給料はもらってませんが、タダで泊まらしてもらって飯も食わせてもらっている状態です。

その代わりに少しの掃除を手伝ったりしてます。

お金をもらうわけじゃないので、仕事ほど生真面目にやるもんでもなく適当に休みながらほどほどに、一日のほとんどは遊んでいます。

それが居候です。

お金は貯まりませんが、ほとんど減りもしません。

毎日お気楽に暮らしています。

ここでは大体朝10時とかに起きて、午前中に集中的に2時間くらい掃除してあとはほとんど遊んでます。

あと、毎晩飲み会で盛り上がります。

居候はなかなか楽しいですよ。

何より気楽なのがいいかもしれない。

気楽さをすっかり忘れた現代日本人には是非とも勧めたいものです。

こうして僕が平然と食後のコーヒー飲みながらピアノを弾いてる間にも、大学を卒業した同期のみんなは働いています。

偉くなりたいなら就職して毎日会社で働き詰めた方が良いですが、普通に幸せに暮らしたいなら、働き過ぎずに暮らせる方法を考えるのはかなり有効な手段です。

現代日本の働き過ぎててしかも幸せじゃない、という現状を鑑みると、居候はかなり面白い。

だからと言って必ずしも居候を勧めるわけじゃありませんが、でもやってみると楽しいよって話です。

しかもこういう生活は、やろうと思えば誰にでも出来ます。

限られた人にしか出来ないものを勧めても意味がありません。

でも居候なんて、やってくれれば助かるところはいくらでもあるわけです。

募集してる所もいくらでもある。

ただやるだけです。

誰にでも出来る、それが一番重要です。

強いて必要な物を挙げれば、

・どこでも寝れる睡眠力

・環境に慣れる適応力

です。

慣れるのに時間がかかる人は初めは大変かもしれません。

でも慣れたらあとは楽しいだけですよ。

しかもここには人情もある!

人の優しさとか、温かさみたいなのが感じられます。

ここには僕の探していたモノが一通り揃っている感じがしていいですね~。

気に入ってしまったので、また長居するかもしれません。

最後に宣伝を。

ここは山形の「ミンタロハット」ってゲストハウス。

詳しくはミンタロハットのホームページか、後日書く詳細の方を見てくれよな~頼むよ~。

スポンサーリンク







スポンサーリンク