脱オタする服装を考えたら、ファッションの問題じゃなかった。

脱オタする服を考えていたら、知りたくないことを知ってしまった。

オタクは服装よりも、顔付きや髪形、振る舞いでバレるらしい。

この一枚目は特に有名。

このままではヤバいので、何とかして打開策を見出すぞ。

オタクっぽさはどこから?
  1. 目付き・顔付き
  2. 髪形
  3. 喋り方
  4. 姿勢と仕草
脱オタする服装
  1. ジャストサイズと魔法のパンツ「スキニー」
  2. 色のバランス「シンプル」と「差し色」
  3. 柄物、ダメ、ぜったい。
  4. 努力

オタクっぽさはどこから?

オタクというのは、そういう人たちのことではない。

生き様なのだ。

1.目付き・顔付き

生き方は顔に出る。

オタクっぽい顔とは、例えばこのようなものだと指摘があった。

・無表情

部屋にこもって一人でニヤニヤしていることが多いため深刻なコミュニケーション不足であり、表情筋が全く使われず、無表情になりがち。明るい笑顔を作るのは苦手だが、ニヤけるのだけは妙に上手い。感情が顔に出ないから、一般人から見ると「何を考えてるか分からない」感じがして不気味。

・目力に欠ける

なぜか目が半開き。目は輝きを失い、どんよりと曇った顔付きという印象を与える。

・目を合わせられない、目が泳ぐ

普段目を合わせているのが画面だから、人間の目を見るのが極端に苦手。これによって信用と好感度を著しく損なうため、致命傷。

・ヒゲ

ちゃんと剃る。カッコいい髭はオシャレ上級者コースだからオタクは髭をちゃんと剃って、清潔感を保つしかない。

・眉毛を整えていない

は?眉毛なんか普通いじらんやろ、女かよ。と思っているのはオタクだけ。濃すぎる眉毛を薄くしたり、形を整えるのは脱オタの必須条件らしい。剃り過ぎると逆に恐い人みたいになるので要注意。最初は美容院でやってもらうのが理想的。(でもオタクは美容院に行けないから自分でやるしかない)

・メガネからコンタクトレンズに

これは好みだと思う。でも陽キャって、ことごとくコンタクトにしてるよね。


「顔付き」のまとめ

・とにかく毛を剃る。なおかつ眉毛を整える。

・目をしっかり開いてください。

・コミュニケーションを取る。


2.髪形

まずはこの動画を見ていただきたい。

これは極端な例だが、髪を整えると同時に、前項で述べた「眉毛を整える」というポイントも見事にクリアしているため、これほどの劇的ビフォーアフターを見せている。

髪は基本的に、こういう髪形がダメ!とかじゃなくて、整えていない事が問題である。

ただし以下はNGとなっている。

・長髪

単純に不潔である。

・前髪で目が隠れる

目や眉毛を見せると表情が出るので、明るい印象になる。前髪が目にかかっていていいのはオシャレ上級者(※ただしイケメンに限る)だけ。出来れば耳にもかからない方がいい。

・ぼさぼさ

パッと見でボサついていないように、整える。よくある、こういう安めの整髪料でいいからつけるべし。


「髪形」のまとめ

・美容室で「トップ短め、サイドは耳を出してバックはサイドに合わせる。前髪は眉にかかる程度」と注文する。

・ワックスをつける。

・自分に合う髪形を見つける。


3.喋り方

オタクはぼそぼそ小声で、しかも早口で喋る。

だから一般人には聞き取れない。

ご覧の通り、話の内容はオタクっぽさとはあまり関係が無い。

現代日本ではリア充も頻繁にアニメの話を口にするので、アニメの話をすることは全く問題にならない。

ただし、一般人が知らないような妙な単語を使うのはまずい。

・バブみ

・オギャる

・ママ

この辺はアウトでしょ、常識的に考えて。


4.姿勢と仕草

とりあえず猫背を直せ。

そして大股でゆっくりと歩く。

脱オタ希望オタクに贈りたい言葉ナンバーワンは「堂々としろ!」である。

他にも色々あるだろうが、ここでは割愛!

脱オタする服装

ここでようやく服装を考える。

オタクっぽい服装はこうだ。

・ガバガバなサイズ感

・白黒やベージュ、カーキなどのいわゆる「アースカラー」の服ばかり着る

・なんか地味、もしくは極端に派手

・おぞましい柄物

これらを解決したい。


1.ジャストサイズと魔法のパンツ「スキニー」

・スキニー

オタクの「ズボン」は何故か必ずぶかぶかである。

これを黒スキニーというパンツに履き替えるだけで印象が180度変わる。

陽キャは何故か必ずタイトめなスキニーかジーンズを履いている。


・ジャストサイズ

ジャストサイズの定義はかなり曖昧だが、直感的に言えば「自分にぴったり合うサイズ」のこと。

オタクは陽キャの履くスキニーを「ピッチピチのズボン」と馬鹿にするが、スキニーはまさにジャストサイズの権化的な存在。

ジャストサイズの服選びが、脱オタの最短ルートであった。

※ピッチピチ過ぎるスキニーは逆効果なので、適度にタイトなやつがいい


2.色のバランス「シンプル」と「差し色」

・シンプル

オタクには色のバランスが分からない。

しかし、正解は至って簡単だ。

服選びはシンプルイズベスト。

まずは基本となる部分をモノトーンでがっちり固めること。

黒のスキニーに綺麗な白シャツ。

以上。

モノトーンなだけでも、ジャストサイズを身に着けていればそれなりに見える。

この写真では、服とカバンは黒一色、白い肌と明るい金髪でモノトーンになっている。


もっと現実的なパターン。

白シャツ白パンツに黒のジャケット着ただけ。


・差し色

このモノトーンに、たった一色だけビビットカラー(鮮やかな色)を足す。

ね、簡単でしょ?


道理でスーツがカッコいいわけだ。

スーツ(黒)とワイシャツ(白)のモノトーンに、赤や青のネクタイが差し色になっていたのだ。

その他、差し色の取り入れ方については、非常に分かりやすい解説をしているサイトがあったのでhttps://clubd.co.jp/wp/post-68644を参考に。


3.柄物、ダメ、ぜったい。

ファッションはシンプルイズベスト。

くれぐれも、中学生の時にお母さんが買ってきた柄物Tシャツなど着てはいけない。

あと、裾を折り返したらチェック柄のズボンとか、袖を折り返したらストライプのシャツとかも絶対に着ちゃダメ。

そういう柄物は、オタク特有の「絶妙なダサさ」を生み出す原因です。

ちなみに筆者は高校生まで「Life is beautiful」って書いてあるTシャツ着てた。


4.努力

オシャレな人たちは、何も考えずに選んだ服が何故かオシャレなのだ。

そう思っていた時期が、私にもありました。

だがそれは間違いだった。

リア充たちはファッションをきちんと学び、慎重に服を選んで、オシャレをしていた。

本当の脱オタファッションを志すなら、勉強が必要になりそう。

そして、全ての学びは真似ることから。

というわけで、男性向けにはSPUTNICKS(スプートニクス)の「スタイリング」のページを。

女性向けには、EDIST. CLOSETを。

いきなり店頭ではハードル高いから、まずはインターネットでマネキン買いしようや!

慣れてきたら自分でもコーディネートを考えて、ZOZOTOWNなどでイメージに合った服を探してみよう。

スポンサーリンク







スポンサーリンク