あなたもまた働きたくなる!「無職のススメ」

全く働かないで遊びほうける生活を続けていた。

毎日大自然の中で美味しい弁当を食べて紅茶を飲んで、のんびりと楽しく、好きなことだけをやって過ごしていました。

そんなある時、ふと思った。

「いい加減ヒマだ…。働きたい。」と。

遊び続ける日々

このところ、無職として遊びほうける日々を続けていました。

来る日も来る日も遊び放題。

朝起きたらそこは自分の憧れていた土地で、毎日目が覚めるたびにその喜びを嚙みしめます。

自然豊かなその土地で、毎日いい景色を眺めながら朝の散歩。

朝ごはんを食べてからなぜかそこに置いてあるギターを弾いて、昼過ぎたら自転車でそこらじゅう走り回って、夜が来たらみんなで酒を飲みながら、美味い飯を食う。

またある時は、平日午前中からみんなで集まってゲームを始める。

こんな毎日です。

平日の朝っぱらから思いっきり遊びまくると、実に気分が良いものです。

「みんな今頃、山手線にぎゅう詰めで出勤してるんだろうなあ」

「今頃はきっと働いてるんだろうなあ」

「授業に出てるんだろうなあ」

こんなことを考えながら食べる遅めの朝食の、なんと美味いことか。

遊び過ぎると、働きたくなってくる

世の中の人はみんな「働きたくないでござる」と言いながら、日々働いています。

働き過ぎです。

働いてばっかりの人生はごめんです。

誰だってそうです。

しかし、遊び過ぎも考えものです。

ただひたすらに、毎日無心で遊び続ける。

すると不思議なことに「ああ、働きてえなあ」と言い始めます。

人間、働いてなんぼでは…?

こんなことを考えるようになります。

人間は働いて人の役に立って、それで自分の存在意義みたいなのを確認するし、充実感を得たりもします。

働かなさすぎると、久しぶりに人の役に立って人から求められたくなるし、人から感謝されたくなってくる。

僕はもともとは仕事好きな方です。

なので余計に、全く働かない生活ではストレスを溜めてました。

「働いてストレス解消したい」という、なんとも新鮮な感覚を得ることになります。

遊びまくることに意味がある

しかし無職は世の中に大勢いますが、その多くは働く気力を持ってません。

何故か?

その理由はシンプルです。

無職生活が中途半端だからです。

毎日部屋に閉じこもって、一日中パソコン眺めてませんか。

そんな無職生活してたら、まさか「たまには働きてえな!」なんて考えは浮かんできません。

もっと本気で無職生活するのです。

疲れるくらいに毎日遊びほうけるのです。

無職は無職でも、ただ仕事から逃げてるだけの中途半端な無職生活やってると、余計に仕事から逃げたくなるだけです。

「仕事嫌だ」「働きたくない」と考えて毎日閉じ籠ってるだけの生活してたら、無職やってる意味がありません。

もう遊ぶのが嫌になるくらい、遊びまくった方がいいです。

無職生活に本気を出してください。

僕のこの生活は、ハッキリ言って遊び過ぎかもしれません。

ここまでやる必要はないかもしれない。

でもみんなは遊ばなさ過ぎです。

仕事してる以外の時は、いつもパソコン眺めてるだけではないですか。

もっととことん遊ぶべきです。

そうでなければ、仕事に溺れる一方になります。

まず一度、無職でもやってみてはいかがでしょう?

それで、思いっきり遊びまくればいいです。

そのうちにあなたも、きっと嫌でも働きたくなります。

現実的に、働かずに遊んで暮らす。人生の75%を遊んで暮らす生活は、誰にでも出来る

スポンサーリンク







スポンサーリンク