自分に投資する方法。人生を豊かにする、お金と時間の使い方

お金と時間は、その使い方ひとつで人生を大きく変えられる。

より多くの物事に繋がる使い方を覚えることで、人生は予想外な広がりを見せてくれる。

お金のもったいない使い方

多くの人は、繋がらないものにお金や時間を注ぎ込む。

繋がらないものにお金や時間を使うのは、典型的な無駄遣いである。

例えばカラオケに行ったりゲームを買ったり、純粋な遊びや娯楽に使うのがその無駄遣いに当てはまる。

いや、どんな物事でも、必ず何かしらには繋がる可能性を秘めている。

何にも繋がらないものというのは、世の中にはない。

しかしここで重要なのは「より多くのことに繋がるかどうか」である。

もっと多くのことに繋がるものがあるのに、それを差し置いて他の事にお金や時間を使ってしまう。

それを無駄遣いと呼ぶ。

無駄とまで言う必要はないが、もったいない使い方であることには違いない。

何かに繋がる、お金と時間の使い方

では、有意義な使い方とは何か。

上記の通りでは、娯楽に金を使うことはムダだ!と言っているように聞こえてしまう。

しかし、そうではない。

むしろ、お金と時間の使い道は娯楽でなければならない。

「あくまでも自分が楽しめるもの」でなければならないのだ。

趣味的な、自分が楽しめる何か。

しかしそれが「単なる遊び」の一言では片付けられないような教養となり得るもの、もしくは自分の将来に繋がっていくものであれば、それは実に有意義な使い方と言える。

その使い方によって、より多くの人や物事と繋がっていく機会を得られる。

では、自分がやりたいと思っていて、かつ何かに繋がることはあるか?

それは、これまでに自分が興味を持ったけれど特に手を出さずにスルーしてきたものの中によくある。

僅かでも興味を持ったこと、憧れを抱いたことがあるもの。

それは恐らく、今の自分が娯楽としているものよりも、多くのことに繋がりそうな、多くの人と繋がりそうなものだ

少なくとも今やっているゲームよりかは、カラオケに行くよりは、酒を飲むよりは、何かに繋がる可能性がある。

でも、手間もお金も時間もかかるから、今までにスルーしてきたものなのだ。

それこそが、今の自分がお金や時間を注ぎ込むべきものである。

何か新しいことを始めるのは、大変なことだ。

しかしそれを始めれば、人生は今までとは違うものになる。

それを介して出会える人たちがいる。

学べることがある。

何かに繋がる。

そしてそれが、仕事になるかもしれない。

このような繋がりを期待して、自分の興味のあることに対してお金や時間や労力を注ぎ込むことを、人は「自分への投資」と呼ぶ。

最も有意義な、人生を変えられるお金と時間の使い方である。

【自分への投資法】貯蓄は危険!将来の自分と人生を豊かにするためのお金の使い方

大学やめて長めの旅に出たら、人生最高の夏になった。

スポンサーリンク







スポンサーリンク