一人暮らしを始めようとしているあなたが、賃貸ではなくシェアハウスに住むべき理由。

こんにちは、十字です。

一人暮らしを始めたい。

でも、新しい生活にはなにかと不安要素が多い。

何をどうしたらいいのか分からない。

初めてのことなんだから、不安なのはみんな同じです。

一人暮らしを始めるにあたってとりあえず考えなければならないのは、通常は住む家のことですね。(家が無くてもいいという方はこちらへ→家を持たない暮らし記事一覧

まずはどの地域の、どんな設備のところに住むのかを検討しましょう。

今日は、「じゃあどんな部屋借りようかな」と考えている人へ向けて。

僕は、以下の理由を添えて、初めての一人暮らしにシェアハウスを勧めます!

1 家具家電が揃っていて、引っ越しが楽

さて、まずあなたが一人暮らしを始めるのに、必要なものってなんでしょうか?

テレビやなんかは、無くてもいいかもしれませんね。

最近の若い人にはパソコンスマホ、そしてYouTubeがありますから、テレビなんて見ないって人も多いですし。

しかし洗濯機や冷蔵庫となると、そうはいかないですね。

いやまあ、洗濯機は仮に近所のコインランドリーを使うことにしましょうか?(ちょっとお金かかるけど)

それにしたって、冷蔵庫を持たずに生活するのは難しそうです。

最低限、冷蔵庫くらいは買う必要があるかもしれません。

でも安心してください。

シェアハウスなら、冷蔵庫も洗濯機も完備です。

それどころではありません。

テレビや電子レンジはもちろんのこと、テーブルや椅子、果てはベッドまで、あなたの生活に必要なものが何でも揃っているのです。

正確に言えば、あなたの必要なものが揃っているシェアハウスを選べば良いのです。

これらをすべて自分で用意する手間と資金なんて、考えたくもありません。

この一点にのみ着目しても、賃貸よりもシェアハウスを選ぶ価値は十分にあります。

それに、多くの家具家電を届けたり、布団なんかは実家から持っていくとか、賃貸にするとその引っ越し作業も大変になります。

シェアハウスなら、服やタオル、石鹸のように旅行に行く時のような持ち物で引っ越せてしまうのです。

2 電気、水道、ガスの契約をしなくていい

一人暮らしを始めるにあたって提出しておきたい書類等7種

で説明した項目のひとつ、電気水道ガスの契約。

これを自分で契約する手間が、まるまる省けます。

これは、シェアハウスを運営する会社から毎月光熱費の請求が来るなり、家賃に含まれているなりします。

なので、会社の説明に従って料金を納めるだけで大丈夫です。

ちなみに最近は、インターネットが使えるところも結構あります。(Wi-Fiが飛んでたりする)

インターネットの契約もせずに済むかもしれません。

3 掃除とかしなくていい

ところによりますが、基本的には自分の部屋以外(つまり共用部)は掃除する必要がありません。

というのも、週に一回とか二回とか業者の清掃が入って、定期的に綺麗にしてもらえるのです。

なので、自分の部屋を片付けるとか、自分で使った食器や調理器具を洗うくらいの最低限のことだけやってればオーケー。

気楽です。

4 普通の家には無いような設備

こちらも選び方次第ですが、普通の家には容易には設置できないような設備を持ったシェアハウスもあります。

以前から見て個人的に気になっていたところだと、グランドピアノが置いてあるシェアハウスとか。

音楽系だと他にも、いろんな楽器が置いてある家、防音室の付いている家などがあります。

あとは、ジムのようなトレーニング用の器具のある家、豪華なお風呂の家、ドッグラン付きの家とか、調べれば調べるほどに色々出てきます。

「Share Parade」あたりのシェアハウス情報サイトを見ると、変わり種のシェアハウスがたくさん見つかります。

「シェアハウス ピアノ」とかでGoogle検索でもいっぱい出てきますけど。

5 安い

家賃はもちろんピンキリです。

なので一概には言えないところですが、賃貸に比べると「初期費用」が安いかな、という印象です。

敷金や礼金の無かったりするのもそうですが、一番はアレです。

必要なものが既に揃っているおかげで、自分で買うべきものが何も無いってところです。

上でも言った通りですが、

本当に「旅行に行く時みたいな荷物」で移住出来ます。

シェアハウスで気軽に一人暮らし始めよう!

というわけで、シェアハウスの最大の魅力は

シェアハウス運営会社との契約だけで、もう生活できる状態の家が、部屋が、自由に使える

という点にあります。

そんなことがあって最近は

シェアハウスを転々とする暮らしもアリなんじゃないかなぁ…

などと考えてもいます。

上手くやれば、日本全国47都道府県移住生活とかも実現出来そうです。

あなたも初めての一人暮らしに、シェアハウスを選んでみてはいかがでしょう?

スポンサーリンク







スポンサーリンク