人生つまらなそうに生きている人の特徴7つ

こんにちは、十字です。

最近は珍しく「家有り」生活やってます。

家が有るって凄いですね。

毎日同じ場所で寝れるよ。

そういえば「帰る」って感覚が懐かしかった。

家が無いと、帰れない。

帰る場所が無いから。

それは当たり前か。

皆さんは家無いですか?

家が有る人もいるでしょうけれど、気にする必要はありませんよ。

ここの読者には色んな人がいますからね。

ただ、家の有る人って「最近つまらない」って言いがちです。

あと、「何か面白いことないかな」とかも言いがち。

私は久しぶりに家有って楽しいんですけど、ずっと家にいる人たちはあんまり楽しくなさそうです。

実は、普段退屈そうにしている人には結構な共通点があるのです。

それが自分では気が付けないから、みんなそこから抜け出せないんでしょう。

なので、私がそれを今、皆さんにお教えしましょう。

共通点はこうです。↓

・生活が夜型

・あんまり外に出ない

・趣味らしい趣味が無い

・人との交流が少ない

・美味しい物を食べていない(食を疎かにしている)

・インターネット依存(スマホ依存)

・家が有る

1 生活が夜型

夜型の生活って悲哀に満ちています。(悲哀って言い方w)

いつも何時に寝てますか?

12時ですか?

あなたが社会人なのか学生なのかで大きく違うでしょうけど、社会人なら夜勤でもない限りは遅くても深夜1時2時くらいでしょうか。

学生なら、調子に乗って酒を飲んで3時4時、ひどい人は夜通しアニメ観て5時6時なんて人もいそうですね。

アニメじゃなくてYouTube観てる人も多いかな。

私もちょっと前までは学生で(今は辞めたけど)そんな生活してた時は、毎日クソでしたよ。

特に休日とか酷くないですか???

せっかくの休日なのに、起きたらもう昼過ぎ、ヤバい時はもう夕方とか…

「明日休みやん???wwwww」って調子に乗った結果がコレだよ。

一日が無駄。

何もせずに一日が終わるあの虚しさ。

これもうこりごりです。

二度とあの感じ経験したくないです。

毎日これやってると本当に何もしないまま1年が終わってます。

やりたいことがあっても出来ない。

夜型の生活は朝昼を失っているので普通に人生損しているのです。

2 外に出ない

夜型の生活の人にありがちなんですけど、とにかく引きこもりがち。

それも無理はありません。

起きても既に昼過ぎ、夕方で、どこへも行く気がしません。

用事が無くて外出ないだけならまだしも、学生はこれで授業をサボるからなぁ…

私ですか?

私は学生の時引きこもってネトゲやってました。

それがなにか???

外へは出た方がいいですよ。

何にも用事が無くても、です。

ちょっとその辺を散歩するだけでも、大いに違います、本当に。

気分転換に外に出ましょう。

もしくは外へ出る用事を作ろう。

友達に会うとか。

引きこもってても良いことないです。

3 趣味が無い

無趣味は退屈の元。

趣味があったら、一人でも楽しめるわけですからねぇ。

趣味が有るのと無いのとでは全然違います。

私はピアノとか紅茶とか、バイク、一人旅、写真、読書とか、一人で楽しめる趣味がいっぱいです。

おかげで一人ぼっちでも退屈せずに済みます。

趣味が有った方が良い、というのは一目瞭然でしょう。

無趣味の人が人生退屈になるのは必然なのです。

4 人との交流が少ない

友達がいないなんて言わないでください。

一人くらいは遊べる人がいるのではないですか?

その人をガンガン誘って一緒にご飯食べに行くのがいいですよ。

人間は孤独を愛する生き物ではないのです。

社会性の生き物なのです。

ゆえに、長いこと友達とも家族とも会わずにいると鬱っぽくなってきます。

人生退屈どころの話じゃないですね。

ちょっと生々しい話になってきました。

でもこれリアルな話です。

孤独は鬱を起こしやすくなり、また早死にする傾向にあります。

仲の良い友達と会って話をするのは普通に楽しいです。

1週間に一回、友達と会いましょう。

5 食を疎かにしている

ちゃんと食事を取っているでしょうか?

一日3回の食事を取ることが出来ていない人も結構いますね。

まあ、食べたい時に食べたい物を食べているならいいんですけど。

食を疎かにし過ぎるのは危険です。

普通に生きるのに必要な部分なので、肉体的にもヤバいですけど、精神的にも良くないのです。

6 インターネット依存、スマホ依存

これって結構大きな問題です。

ていうか、「これが全ての元凶」と言ってもいいくらいです。

ネットに依存すると、何故か人間って夜型の生活になっていきます。

パソコンの前から動かなくなります。

外に出ないようになって、当然人との交流の機会も減ります。

画面にへばりついてぼーっとしているだけの生活なのでラクはラクなんですけど、そのうちにいろんなことが面倒くさくなってくるのが一番厄介。

結局最後には、食事すらも面倒くさくなったりする。

依存してるからついパソコンの電源つけちゃって、ついつい見ているうちにいつの間にか深夜4時とか。

で、寝て起きてもう昼過ぎてるし、それでまたパソコンつけたらいつの間にか夜じゃん?

何やってんの自分?って感じじゃん。

寝て起きてインターネット、寝て起きてインターネット、この繰り返し生活。

ネット上には様々の面白い、興味深いコンテンツがそりゃあもう、山ほどもあって、なんだかんだこれだけでその日は楽しく過ごせますよね。

なのにインターネットの契約料以外はほとんど何にもお金かからない!

なんて便利なんだインターネット…

インターネットってホントにすごいと思います。

でもなんでしょうか。

そうやって過ごした日々は虚しいのです。

結局後には何も残らないし、そもそも本当に自分で何かをしたわけじゃないし、自分で体験できるのでもないし、受動する一方の楽しみでしかないのです。

本当には、趣味みたいに能動的に何かを楽しんだり、美味しいものを食べるとか友達と遊ぶとか、実際に自分で体験しないといけないんです。

7 家に住んでいる

家に住んでいる人がいたとしたら、それも原因の一つかもしれません。

家に住んでいると「引きこもれる」から、夜型になったり、外に出なかったり、人と関わらなくなったり、ネット漬けになったりします。

そもそも家が無ければ、これら全ては解決します。

最終手段として「とりあえず家を引き払う」という強行突破によって、強制的に面白い人生にすることが出来ます。

個人的にはこれがおススメです。

2017年は家引き払うの流行ってるみたいですし、あなたも一度やってみてはいかがでしょうか?

結論。

人生つまんね!って人は、

こんなクソみたいなサイトいつまでも見てないで、とっととてめぇのパソコンぶっ潰してくず屋にでも売りに行くか、今すぐ家を引き払った方がいいです。

ほんとです。

人生を変えるために、あなたが変えるべきたった3つのこと

スポンサーリンク







スポンサーリンク