暇だ退屈だと言ってる奴はコレを見ろ。毎日暇な時間でやり続けたら出来ること一覧

毎日1時間続けたら出来ること・出来そうなことを集めてみた。

有名な資格のほか、個人的な経験上「これくらいやれば出来そう」ということも書いた。

毎日「暇だな~」とか言って何もせずに過ごしている人は、これを見て今すぐに何かを始めてみることを勧める。

毎日1時間で一年以下で出来ること

・日商簿記三級 → 50時間

・シスアド初級 → 80時間~150時間

・社会福祉士 → 150時間

・インテリアコーディネーター → 200時間

・日商簿記二級 → 250時間

毎日1時間で一年くらいで出来ること

・第一種電気工事士 → 350時間

・宅地建物取引士(通称:宅建) → 350時間~400時間

・素人でも紅茶の味が分かるようになる → 毎日1杯の紅茶をポットで淹れて、ゆっくり味わって飲むのに1時間前後。安価なものや高価なもの、種々の茶葉を毎日飲み続ければ、1年後には飲むだけで安い紅茶か高い紅茶か中くらいの紅茶か、くらいは完璧に分かるようになる。

・未経験者でもピアノで一曲くらい弾けるようになる → ずぶの素人でも毎日1時間、年間通して300時間~400時間ほど練習すれば、「千本桜」くらいはほぼノーミスで弾けるようになると思う。

毎日1時間で二年以下で出来ること

・気象予報士 → 450時間

・シスアド上級 → 550時間

・行政書士 → 600時間

・FP(ファイナンシャルプランニング)一級 → 600時間

・広辞苑完全読破 → 420時間~625時間。広辞苑を一字一句漏らさずに読破できる。ある版では1500万文字ほどあり、日本人の読むスピードは平均で400文字~600文字毎分程度。しかしこれをやることに価値を見出せるかは分からない。ちなみに四書五経の総文字数は43万文字と言われている。

毎日1時間で二年くらいで出来ること

・日商簿記一級 → 800時間

・TOEIC800点台 → 700時間~1000時間

毎日2時間で二年くらいで出来ること

・社会保険労務士 → 1000時間

・中小企業診断士 → 1300時間

・一級建築士 → 1500時間

・米国公認会計士 → 1500時間

もっとやらないと出来ないこと

・不動産鑑定士 → 1800時間~2000時間

・国家公務員一種 → 2000時間

・海外MBA → 3000時間

・司法書士 → 3000時間~4000時間

・税理士 → 3000時間~5000時間

・公認会計士  → 3000時間~5000時間

・弁理士  → 3000時間~5000時間

・司法試験 → 8000時間

その他

年間通学(通勤)合計時間(片道1時間の場合) → 400時間~480時間

最初の草むらでレベル100にするポケモン実況の人が手持ち6体+いけにえ1体合計7体を最初の草むらだけでレベル100にするまで → 2600時間

YouTubeで動画を観て毎日2時間潰す×大学4年間 → 3000時間

一年 → 8760時間

毎日3時間を九年間 → 1万時間の法則達成

80歳まで生きた人が寝た時間の合計 → 22万時間

なるほど。(何ひとつ理解してない)

ちなみに資格の勉強時間に関しては全て(必ず受かるとは言ってない)という文言が最後に付くので気を付けていただきたい。

こんなに勉強しても受からないってすごいな。

なんにせよ、続けることの偉大さが分かった気がするのであった。

スポンサーリンク







スポンサーリンク