いくら掃除しても全く部屋が片付かない人のやっている3つのこと

昔は掃除が苦手だった。

しかしいくつかの重要なことに気付いたおかげで、今では部屋を綺麗に保つことが出来るようになった。

ここでは、部屋が片付かない人がやっていることについてまとめる。

1.どう整理するか考えている

いくら掃除をしても部屋が綺麗にならない人は、「どう整理するか」と考える。

物の配置を考えたり、どこに何を収納するか、どうやって効率的にしまい込むかを課題にしている。

「コレは机の右奥に。机の左奥にはコレを置く。あとは右手前にコレを置く」

これで机の上は左手前しか空かなくなる。

2.収納道具を買っている

収納道具を買ってきて「さて、始めるか」と意気込む。

これだと永遠に部屋は片付かない。

収納道具を用いることは、部屋が片付かない最大の原因である。

収納することを考えると、物が減らない。

収納とは、とにかくしまい込むことだ。

要るものも要らないものも、全部まとめて収納道具にぶち込んでいるのだ。

一度収納したものは、封印を解いて取り出すことを誰もが面倒くさがる。

収納されてしまった物は、もはや「要る」「要らない」は関係がない。

何がどうあれもう取り出さないし、もう使わないのだ。

収納道具は罪深い。

収納することによって、片付かない物が延々と増えていく。

いくら必死に片付けても部屋が綺麗にならない人のやりがちな、間違った掃除法である。

3.捨てない前提で掃除している

いくら掃除をしても部屋が片付かない人に、必ず共通している特徴は「物を捨てない前提で掃除している」ことだ。

収納道具なんて買っている人は、要らない物でも捨てる気がない。

これでは必死に掃除しても要らない物が溜まって、部屋が狭くなる一方である。

まずは何を捨てるか考える。

ここから始めなければ、いくら掃除したところで部屋は永遠に片付かない。

今の自分に必要な物を考える

人は日々変化する。

その変化に応じて、必要な物や大切な物も変わっていく。

本来ならばその変化と共に、その都度、必要になった物と必要ではなくなった物を考えて整理(捨てたり買い足したり)する必要がある。

しかし、ほとんどの人にはそれが出来ない。

かく言う僕も、それが常に出来ているとは言えない。

常に、である必要はない。

綺麗な部屋を保ちたいのならば、常にではなくとも半年に一回とか、一年に一回。

せめてそれくらいのペースで、定期的に断捨離の会をやるべきである。

不要なものを減らすことによって、部屋は劇的に生まれ変わる。

次回の掃除を有意義なものにするために、一度本気で断捨離をする。

70ℓゴミ袋を片手に、勇気を持って立ち上がろう。

袋がいっぱいになるまで、ひたすら詰め込もう。

スポンサーリンク







スポンサーリンク