停止ってこんなに難しかった?バイクを簡単に停めるための考え方と、安全で正しい停車

バイク初心者は皆、上手く停車できずに転ぶものだ。

だからこそ、停止が上手くいかない人に教えてあげたい。

バイクの停止に必要なのは、「クラッチを握る」「ブレーキ」の2つだけであると。

クラッチ握れば、あとはブレーキだけで停まれる!と考える

停止が上手くいかない人は、難しく考え過ぎである。(※経験者は語る)

「3速からの停止は、まずアクセルを戻してクラッチを握ってからシフトダウン、クラッチを繋いでエンジンブレーキ、再度クラッチを握ってギアをローに入れて、そのまま停止位置でブレーキ!」

僕が教習所で教わった停止方法だ。

こんなのいきなり出来るわけないじゃん。

心の中でそう叫びながら、停止位置で転んでいた。

教習所で教わる停止方法は、間違いなく安全でより良い停止方法である。

しかし、初心者がいきなりこれだけの操作をするのは難しい。

そこで「もし教習中の自分がこのことを知っていれば、もっと簡単に停止できるようになったのに」と思うことを、書いてみる。

バイクは

1.クラッチを握る

2.ブレーキをかける

これだけで停まれる。

教習所で教わるシフトダウンすら必要ない。

まずはこのことを理解するといい。

バイクのブレーキは、フロントブレーキの利きの良さ(自転車と比べると驚くほどブレーキが利く)のせいで急停止になり、バランスを崩すことがある。

これは慣れるしかない。

慣れないうちはブレーキひとつかけるのにも一苦労だが、習うより慣れろ以外の助言は見つからない。

教習所で教わる「正しい停止」

「クラッチ+ブレーキ」これだけでバイクは停まれるということが分かっていれば、教習中の僕は苦労しなかっただろう。

しかし上に書いた停止方法は、教習所で教わる停止よりも遥かに簡単ではあるが、その代わりに「本当に正しい停止」とは言えないものである。

これは、すべき操作を省いた、必要最小限の操作のみでの停止だ。

では、必要最小限の操作ではない「すべき操作」とは何か?

・エンジンブレーキ

・停止前にローギアに入れる

この2つである。

以下に解説する。

・エンジンブレーキ

ブレーキは2種類ある。

手動ブレーキ(フロント・リア)と、エンジンブレーキである。

エンジンブレーキは、バイクに乗るならば必ず身に付けておかなければならないものだ。

手動ブレーキのみでの停止を繰り返すとブレーキパッドを無駄に消耗するうえ、高速走行時の手動ブレーキは非常に危険である。

高速走行時のブレーキは、エンジンブレーキがメインだ。

教習所で停止前の「シフトダウン→エンジンブレーキ」を教えるのは、そのためだ。

バイクを運転するうえで、エンジンブレーキは癖として自然に使えるほどのものでなければならない。

だが教習所では低速でエンジンブレーキを教えるため、余計に難しく感じるのだ。

・停止前のローギア

トップギアが6速のバイクで、6速で走行している状態から、クラッチを握って手動ブレーキだけで停止したとする。

完全に停止している状態で、ギアは6速に入ったまま。

その停止状態から、シフトペダルを5回踏んでローギアにシフトダウンする。

このシフトダウンには、何か問題があるだろうか。

否、何の問題もない。

完全に停止してからシフトダウンするのは全く問題ない。

しかしそれが街中の赤信号での停止だとしたら、話は変わる。

赤信号で6速のまま完全に停止した直後に、赤信号が青に変わるかもしれない。

6速から急いでローギアまでシフトダウンしなければならない。

後ろには既に後続車が来ている。

しかもバイクによっては、完全な停止状態では6速からローギアまで一気に落とせない事がある。(足を使ってバイクを前後に動かすと落とせたりする)

と、このような例を考えてみると、完全に停止する前にローギアに入れておくべき理由が分かる。

停止してからのローギアへのシフトダウンに、バイク自体の問題は無い。

しかし上記のような例を考えると、発進がスムーズでなくなる可能性が考えられるのだ。

実際には、公道で6速で完全停止はほぼあり得ない。

あったとしても、4速で停止くらいだ。

「たかが3回、ペダルを踏むくらい」と思うかもしれない。

しかし一度公道に出れば分かる。

それは案外焦ることになる。

停止するかと思ってスピードを下げたら、またすぐに前が動き出したりもする。

無駄なくスマートに乗りこなすためには、「バイク減速時の速度に見合ったシフトダウン」は必須の技術なのである。

以上だ。

今回は、より簡単にできる停止として必要最小限の「クラッチ+手動ブレーキ」のみの操作による停止を紹介した。

しかし後半に書いた通り、それは本当に正しい停止の技術ではない。

あくまでも急場しのぎである。

まずはややこしい停止を分かりやすくして、とりあえず停止できるようになろう、というのが今回の目的だ。

この方法で停止が出来るようになったら、次には教官が言った通りの、正しい技術を身に付けることを強く勧める。

安全に停止できる技術は、優良ライダーとしての必須条件だ。

正しい知識と技術を身に付けて、楽しく安全にバイクに乗ってほしいと願っている。

スポンサーリンク







スポンサーリンク