仕事の失敗から、逆に信頼を得る。「認める」「謝る」が持つ力

人は、失敗した時によく信頼を失う。

そして多くの人は、失敗した時、信頼の失墜を最小限に抑えることが出来ない。

原因は「言い訳」によるものだ。

失敗するのには何かしらの理由がある。

もしかしたら自分の責任ではないかもしれない。

だが失敗の理由を説明しても、それは大抵雑音にしかならない。

どうあれ「失敗した」のである。

「失敗した」という事が認めざるを得ない事実である以上、どれほど説明したところで言い訳にしかならない。

失敗した時に事情を説明すればするほどに、「言い訳ばかりだ」と周りからは思われている。

これが信頼の失墜を最小限に抑えることの出来ない原因である。

認める。謝る。

失敗した人の言い訳は、見苦しい。

言えば言うほどに逆効果、印象を悪くする。

しかし、その言い訳の全てを取り払ってしまえば、与える印象は真逆だ。

説明など一切しなくていいから、シンプルにきちんと謝る。

それだけでいい。

どうせ最後には謝る羽目になるのだから、最初からきちんと謝っておけばよい。

それだけのことで、与える印象はとても良くなる。

しかしそれがなかなか出来ないものだ。

言い訳せずにただきちんと謝る。

たったそれだけのことが、本当に失敗した時は、容易には出来なくなる。

何か失敗をした時は「言い訳は何一つしない、ただ謝る」これを思い出すといい。

追い詰められた時に人間は本性が出るということを、誰でも理解している。

だから失敗した時の態度は、その後の信頼関係に大きく影響を与えることになる。

失敗した時、慌てふためき言い訳ばかりすれば、器の小ささと軽薄さを晒すだけだ。

逆に、失敗しても動じずに丁重に頭を下げて謝ることの出来る人には、誰もが感心する。

失敗をチャンスに変える

取り返しのつかない失敗ではどうにもならないが、大抵の失敗は取り返せる。

であればこれはチャンスにもなる。

失敗は「あって当然のものである」と、皆承知している。

だからこそ、きちんと謝れば許してもらえることが多い。

失敗を許してもらったその上で良い対応が出来れば、「一度失敗したからもう信用ならない」とはならない。

「失敗して追い詰められていたけど、その後にきちんと対応出来ていた」

と、より強い信頼を得られる。

失敗は常にチャンスだと考えるのがよい。

その対応次第で、周囲に与える印象が大きく変わることになるのだ。

失敗しないことよりも、失敗を認めて適切に処理できるかどうかが重要なのである。

スポンサーリンク







スポンサーリンク