気を遣い過ぎると仲良くなれない。友達を作るために必要な図々しさやワガママ

人と仲良くなるのは、難しい。

だが初めから容易に人と仲良くなる能力を持っている人間は、ほとんどいない。

それは身に付けるしかない。

人付き合いの始まりは尊敬・興味・関心

人付き合いは必ず、尊敬・興味・関心のいずれかから始まる。

人は、自分を見下す人間とは関係を築けない。

自分に興味を持ってくれない人間とは会話が成り立たない。

人付き合いが始まる時は決まって、片方が尊敬の気持ちを持っていたり、相手の何かしらに関心を持っているものだ。

この人のここがスゴイ、と思う気持ちや、趣味が合う、などがよくある例だ。

そうしてどちらか片方が相手に話し掛ければ、人間関係はすぐに始まる。

しかし人付き合いを始めるのは簡単であり、これは誰にでも出来ることだ。

難しいのは「知り合い」から先のステップへ進んでいくことである。

相手に踏み込んでいくこと

知り合いからステップアップするにあたって、必ずどちらか一方が「相手に踏み込む」ことが必要になる。

そして多くの人にはこれが出来ない。

ほとんどの人間はお人好しだからである。

とても図々しいのは、簡単に嫌われる。

だが程よく図々しい奴というのは実に好かれるものである。

何故かと言えば、図々しい奴ほど相手に踏み込めるからである。

誰かと仲良くなる時には必ずどちらかが相手に踏み込んでいるが、これを担っているのは大概図々しい奴である。

図々しい奴は良くも悪くも相手に踏み込める。

先天的に図々しい奴は余計なことを言って嫌われることこそあるが、仲良くなれることの方が圧倒的に多いだろう。

丁度いい図々しさを身に付ける

だがこれを読んでいる人の多くは、先天的に図々しくない人たちである。

生まれつきお人好しなら、これはもう後天的に図々しくなるしかない。

そのために大切なのは、踏み込んでも許してくれる人間を見極めることと、踏み込んでいいタイミングを見極めることである。

世の中のほとんどの人は優しいから、踏み込めることが多い。

誰が相手でも同じように出来る。

年上が相手でも構わない。

タイミングを見極めることが、より重要である。

最も簡単に出来て、多く見受けられる踏み込みは「ボケ・ツッコミ」である。

相手がツッコんでくれそうならボケる。

そして、相手がボケるようならすかさずツッコむ。

特に後者は重要である。

お人好しには出来ないことが多いのだが、相手のボケを放置しないことである。

相手が目上の人間だったとしても、タメ口で思い切りツッコんでいいことが非常によくある。

また、相手もそれを期待していることが多い。

他にも踏み込み方には様々あり、ワガママを言う、弱みを見せる、相手を批判する、などの方法がある。

しかしこれらの方法は効果こそ高いが、前述のボケツッコミに比べて格段に難易度が高いので初めは推薦しない。

簡単なボケツッコミ程度から踏み込んでみるのがよい。

以上のように、人付き合いには少なからず図々しさも必要になることがある。

必要な程度の図々しさを身に付けるとよい。

スポンサーリンク







スポンサーリンク