たった1つの道具で今すぐに!キャンプでコーヒー・カプチーノ

キャンプでコーヒーを淹れる方法は4つある。

カプチーノにする方法は2つ。

キャンプでコーヒーを淹れる

  1. 飲みやすい「ペーパードリップ」
  2. 簡単「フレンチプレス」
  3. ロマン主義「パーコレーター」
  4. エスプレッソ「モカエキスプレス」

カプチーノにする

  1. ミルクフォーマー・その1
  2. ミルクフォーマー・その2

その他

  1. 豆を挽く「コーヒーミル」
  2. 見栄えは大切「コーヒーカップ」
  3. 牛乳用「温度計」
  4. まだ持ってないなら「アウトドア用バーナー」

キャンプでコーヒーを淹れる

1.飲みやすい「ペーパードリップ」

必要なもの

・ドリッパー

・ペーパーフィルター

淹れ方

ドリッパーにペーパーをセットする。

ペーパーにコーヒー粉を入れてお湯を注ぐだけ。

特徴

すっきりとした味わいで飲みやすい。洗い物が無い。最もコンパクトで軽い。


2.簡単「フレンチプレス」

必要なもの

・プレス機

淹れ方

プレス機にコーヒー粉とお湯を入れる。

数分待ってプレスするだけ。

特徴

うま味もえぐ味もよく出る。こってりした味。ガラス製もあるけど、持ち運びには軽くて丈夫なチタン製。


3.ロマン主義「パーコレーター」

必要なもの

・パーコレーター

淹れ方

底に水を入れ、上段にコーヒー粉をセットする。

まるごと火にかけ、上の透明な部分に吹き出すお湯の色を見ながら適度なところで火を止める。

特徴

淹れるのが楽しいけど、えぐ味が出やすい。道具がデカくてかさばるし、美味しくもないのでロマン主義者向けアイテム。


4.エスプレッソ「モカエキスプレス」

必要なもの

・モカエキスプレス(マキネッタとも言う)

淹れ方

底に水を入れ、中段にコーヒー粉をセットする。

ピッチャー部分を取り付ける。

火にかけると、エスプレッソ(とても濃いコーヒー)が少しずつ入る。

特徴

エスプレッソ単体では濃すぎるので、水を入れて薄めたり、牛乳を混ぜてカフェラテ・カプチーノにする。普通の牛乳を混ぜればカフェラテの完成。

カプチーノにする

エスプレッソに「フォームドミルク(泡立てた牛乳)」を入れればカプチーノの完成。

コーヒーと牛乳の比率がどうとか言ってる人たちもいるが、プロの意見さえバラバラで釈然としないから、細かいことは気にせずとっとと牛乳を泡立てよう。

ミルクフォーマー・その1

使い方

牛乳を入れて、火にかける。

65℃前後まで温めたら、蓋をして棒をプッシュしまくるだけ。

特徴

簡単。底の方が泡にならない。


ミルクフォーマー・その2

使い方

適当な容器で牛乳を温める。

65℃前後まで温めたら、フォーマーの先端を牛乳の中につっこんでスイッチを入れるだけ。

特徴

簡単。底まで突っ込んで使えば、底までしっかり泡立つ。泡の量が調節しやすい。実はダイソーで100円で売ってる。

その他

1.豆を挽く「コーヒーミル」

こだわる人は、自分で豆を挽きたいものだ。

持ち運びに便利なアウトドア向けコーヒーミルの出番である。


2.見栄えは大切「コーヒーカップ」

左はスノーピークというアウトドアのブランド品。普通のアウトドアカップより高いけど、かっこいいし「スノーピークだぞ」って自慢できる。

右は、僕が普段紅茶のために持ち歩いてるやつ。見栄えは大切ですから。


3.牛乳用「温度計」

きちんと計らないと泡立ちませんし。まあ、慣れれば手で触って確認できるけどね。


4.まだ持ってないなら「アウトドア用バーナー」

左はガス専門会社の「イワタニ」。割と定番品、普通にいい。

右は人気アウトドアブランド「SOTO」。値段は大して違わないのに、安定性も収納性もブランド力も強いので、どうせ買うならこっち。

これくらいにしといてやるか。

次はキャンプで紅茶を淹れる記事を書きたい。

スポンサーリンク







スポンサーリンク