西荻窪の美味しい紅茶とケーキの喫茶店「Grace」(グレイス)

友人と吉祥寺から散歩をした帰り、筆者のお気に入りの紅茶専門店に立ち寄った。

西荻窪の紅茶店「Tea & Cake Grace」。

西荻窪の駅前、こんなところにあるの?という住宅街の一角、細い路地の真ん中に紛れ込んでいる。

駅前大通りから線路沿いの道へ入ってすぐ、さらに細い路地へ右折。

路地への入り口を見逃さないよう注意されたし。

路地へ入って50mほどでグレイス。

一見するとただの住宅だ。

何のためにか、店は夜9時まで開いている。

明るくシックな店内。

店の入り口から写真を撮ってこんな感じ、こじんまりなサイズが好きだ。

あとは、この右後方に窓際の大きめテーブル席がひとつあるだけ。

そっちの席が好きなのだが、先客がいたため撮影は遠慮した。

グレイスは正統派の紅茶専門店である。

インド、中国、スリランカの茶葉をバランス良く取り扱っている。

ケーキは入り口正面にあるショーケースから眺めて、選ぶ。

美味しそうなケーキを前にして悩む時間を持てることは、幸せだと思う。

グレイスのケーキは、比較的、素朴な味わいと言える。

華やかではないが、手堅く気取らない美味しさだ。

見栄えのよい豪奢なケーキが持て囃される今日でも、グレイスはこの「シンプルに美味しく、食べやすいケーキ」のスタイルを貫いている。

今日の紅茶はキーマン。

いつもならチーズケーキにするところだが、今日はかぼちゃのタルトを選んだ。

友人と語らいながら、冷えた身体を温めた。

グレイスの紅茶は、リーズナブルな気がしている。

どれも500円くらいで、ポットサービス。

香りも味も良く、紅茶を存分に楽しめる。

ケーキは常時2、3種類は用意され、内容は季節ごとに変わる。

落ち着いた雰囲気で、店内は静かである。

住宅街にあって地域に根付いた店だから、平日休日昼夜問わず、客足の絶えない印象だ。

今回は平日19時くらいに押し掛けたが、4組の先客があった。

その後は20時になっても、新規の客が入ってくる。

しかし満席にはならなかった。

終始ゆったりとした時間を過ごした。

西荻窪の駅の向こう側、歩いて5分ほどのところに、「喫茶去 一芯二葉」という紅茶店がある。

一芯二葉も素晴らしい紅茶の店だ。

ただ雰囲気で言えばグレイスとは相対すると思う。

グレイスはまさしく清純派といった、白を基調とした格式ある造りだが、一芯二葉は細い路地の突き当りに隠れ家のごとく佇む古民家だ。

グレイスにも増して小さく納まった、可愛らしい雑貨屋のような店である。

穏やかなご夫婦が静かに営む一芯二葉の紅茶もまた、味わい深い。

西荻窪の紅茶店として、今回訪ねた「グレイス」と「一芯二葉」の2軒を、東京の紅茶好き諸君に推薦しておきたい。

スポンサーリンク







スポンサーリンク