ブログPVに記事数は関係無いけど「ちょっとしか書かなくてもいい」と勘違いしてはいけない

ブログを書いていてPVが増えないと、すぐに「ブログ PV 増えない」とかなんとか、調べたくなる。

すると、PVと記事数の関連を疑いたくなるような検索結果も大量に出てくる。

「PVに記事数は関係ない!」とか「PVのためには記事を増やせ!」とか、もうしっちゃかめっちゃかです。

ただ一つこれだけは断言しておきますけど、記事数をやみくもに増やしまくったところで、PVは絶対に、もう本当に絶対に増えません。

絶対です。

ソースは僕です。

そういう意味では、PVと記事数の直接の関係は、無いと言ってもいいです。

ただ、勘違いしてはいけないことがあります。

「記事を増やせ!」ではなく「記事を書け」

記事数が少な過ぎるのは、たしかに話になりません。

5記事しかないサイトが、月間30万PVを狙うのはどうあがいても無理があります。

ただ、「記事が多ければ多いほうが良い」だけは絶対にあり得ないことです。

やっぱりソースは僕です。

逆に少ない記事数でも高いPVを十分に確保している人がいることなどから考えても「記事数とPVは関係ない」と確実に断定できます。

ただ、これを「書く記事は少なくてもいいんだ!」と解釈しているようでは本末転倒です。

記事は書いてください。

とにかく記事を書きまくってください。

それしかありません。

たしかに、ムリに記事数を増やす必要はありません。

必要ありませんどころか、しない方がいいくらいです。

良くない記事は増やすだけ負の資産ですから。

しかし、記事は書かなければなりません。

たくさん書かなければ、少ない記事数で高いPVを狙えるような神記事は永遠に書けず、ひたすらにゴミ記事ばかりを量産してしまうことになるからです。

パラドックスです。

ゴミ記事を量産するわけにはいかないけれど、ゴミ記事を量産してでも書く技術を磨かなければ、神記事は書けるようにならない。

結局ブログ書き始めて最初の一年とかは、もうずっと「書いても地獄、書かなくても地獄」状態が延々と続くわけです。

多分この時期が一番ツラいです。

有名なアレです、「最初が最難関」ってやつです。

いやでも「3ヶ月目で10万PVです!」とか言って初っ端から結果出してる人もいるじゃん!

とか言いたい人もいるでしょうが、そこも勘違いしてはいけません。

彼らは、我々のようなずぶずぶの素人とはワケが違います。

彼らは皆、経験者なのです。

よーく彼らの記事を読んでみてください。

どこかしらに「以前は無料のレンタルブログでしばらく書いてました」とか「3つ目のサイトです」とか書いてあります。

どこにもそのように書いてなかったとしても、間違いなくそうなんです。

素人が最初から3ヶ月100記事で10万PVなんて数字を出せるはずがないんです。

いまどんなにブイブイ言わしてる有名ブロガーでも、その地獄の時期を間違いなく経験してます。

結局、ブログ書き続けられない人はどうあってもダメなんですね。

ブログの評価は記事が99%です。

Googleのエンジンは記事を見てませんよ。

記事を見るのは人間です。

そしてGoogleは、記事を見ている人間を、見ているんです。

だから、人間からの評価を得られない文章を書いている人は、いつまで経ってもブロガーとしての人権を得られません。

とにかく人に読んでもらえる文章を書けるようになること。

そのためには、今はクソクオリティでも何でもいいから、書いて書いて書きまくること。

まともに発信したことのないド素人がゼロから始めた以上は、まず最低でも2年は頑張る必要があるのは、間違いないでしょう。

ブログPV増えないって言ってる人は、結局「書いてない」のであった。

スポンサーリンク







スポンサーリンク