上半身(腕と肩)の力が抜ければバイクが格段に乗りやすくなる!楽に乗るためのコツ

バイクの教習中に、よく教官から「肩に力が入り過ぎだ!上半身の力を抜け!」とか言われました。

その時には意味が分かりませんでしたが、後から振り返ってみれば、あれはこの上なく適切なアドバイスだったことが分かります。

下半身に力が無いと、上半身に力が入る

バイクに乗っていて、上半身に力が入る。

腕が固くなり、肩が上がる。

すると、ハンドル操作がぎこちなくなりクランクなんかで脱輪します。

まあこれは、以前の僕の姿なんですが…

下半身に力が無いというのは、両足でバイクを挟めていないということです。

足を使ってバイクを挟んでいないと、下半身がグラつきます。

それだと、手でしっかりとハンドルを握っていないと、乗ってて振り落とされてしまいますね。

そうして手でハンドルを握って身体をバイクに固定しようとするから、腕から肩にかけて力が入り、上半身が固くなります。

これが「上半身の力を抜け!」と言われていた時の僕の乗り方です。

上半身の力を抜いて楽な姿勢でハンドルを操作するためには、下半身を使って身体をバイクに固定させる必要があります。

バイクの燃料タンクから下の部分は、足を当てた時にうまくハマるような形になっています。

そこへ、両足をぴったりと密着させましょう。

バイクと下半身を一体化させてください。

バイクがカーブで傾く時、下半身もバイクと同じ方向へ傾くように、完全に固定するのです。

その時に最重要なのは、バイクに固定するのは下半身のみ、ということです。

バイクと連動させるのは、腰から下だけです。

腰から上は完全に力を抜くように意識しましょう。

それが出来ればバイクを下半身のみでしっかりと掴めている状態になるので、手でハンドルを握って安定を得る必要がなくなります。

下半身のみで、びっくりするくらい安定しますよ。

同時に上半身はとても自由になって、腕はハンドルを切ることにのみ使えるようになります。

この乗り方はクランクやスラローム、一本橋(平均台)などの丁寧なハンドル操作が必要な場所では、特に大切なポイントです。

特に、一本橋とクランクはそうです。

一本橋もクランクも、細かなハンドル操作を行わなければすぐに脱輪してしまいます。

ハンドルを握って身体を安定させているうちは細かなハンドル操作なんて出来ませんから、クランクで脱輪しまくりです。(経験者は語る)

しかし僕はたったこれだけで、見違えるようにバイク操作が楽に出来るようになりました。

実践してから二日目には、教官に「とても良い!」と褒められちゃいました。

その他、教習で苦労しそうなことをまとめてみました。(というか全部僕が苦労したことです)

バイク教習が上手くいかない!初心者がつまずく3つの難関を解決しよう
バイク教習が上手くいかない!初心者がつまずく3つの難関を解決しよう

もしこの中に無いもので解説求む!みたいなのがあったらリクエストしてください。(ツイッターとかで)

随時解説します。

スポンサーリンク







スポンサーリンク