「CB400SF」に乗ってて感じたことと、人からよく言われたこと。

筆者の一台目はCB400SF(スーフォア)である。

スーフォアに乗ってて思ったこと、もしくはよく人に言われたことをまとめる。

なお、nc31という94年式の年代物に乗っていた。(↑写真の白いバイク)

思ったこと

・良いバイクだ

古いのに良いバイクだった。だが当時は一台目だったため比較対象が無く、どれくらい良いものなのか分からなかった。

・姿勢が楽

ネイキッドなので。今はSSに乗っている。

・振動が少ない

四気筒だからである。今は短気筒に乗っているので余計にそう感じる。

・乗り心地が良い

姿勢の楽さや振動の少なさに加え、シートの据わり心地など長距離走っても疲れにくかった。

・音が良い

モーターのようなエンジン音。

・重い

比較的重いバイクである。

・高い

年代物でそこそこ傷もある割に安くない。塗装した車両であるから純正に比べてさらに高かった。

言われたこと

・良いバイクだ

誰にでも言われる。

・懐かしい

教習車で誰もが乗っているから。

・ちょっと乗ってもいい?

教習車で誰もが乗っていたから乗りたくなっちゃう。

・乗りやすい!

乗りやすさにみんなビックリ。筆者はホンダ車しか乗っていないため、驚くような乗りやすさは感じないが、他社(特に外車)に乗っている人は乗りやすさに驚いている。

よく初心者におススメのバイクとして紹介されるようだが、別に初心者に薦めたいとは思わなかった。

他のバイク同様、本当に乗りたい人だけが乗ったらいいと思っている。

バイクに乗る(買う)人と乗らない(買わない)人の特徴、バイクで得する人と損する人の違い

「バイクは馬鹿にしか乗れない」は本当

スポンサーリンク







スポンサーリンク