脚を使うだけ。バイク教習の難関「クランク」を突然クリアできるようになった話

クランクがクリア出来ない皆さん、まだ慌てるような時間ではない。

脱輪の神だった僕がクランクを突破出来るようになった方法を以下に説明してみる。

一度やり方が分かればそれ以降の苦労は無い。

自分でコツを掴むまでに時間がかかるだけだ。

言葉で説明するのはなかなかどうして難しいが、出来る限りに解説する。

バイクは「下半身で」乗る

まずは原因を知ろう。

クランクで曲がり切れない原因は、十中八九ハンドル操作が不十分だからだ。

ハンドルを切らなかったら、車は曲がれない。

これは当たり前のことだが、クランクに入るとそれが何故か出来ない。

僕は教官に「ハンドルをちゃんと切って!」と散々言われた。

それでも、ハンドルを思うように操作出来ない。

では、ハンドル操作が十分に出来ない原因はなんだ?

その原因は「上半身で」バイクに乗っていることである。

上半身でバイクに乗るというのは、主に腕の力によって身体をバイクに固定しているということだ。

バイクには当然のことながら、シートベルトが無い。

だから、自分の身体とバイクを固定するためには、自分の力でバイクにくっつかねばならない。

そこで、身体をバイクに固定するために手、腕、肩を使ったとしよう。

ハンドル、手、腕、肩。

これらが固まって一体となり、バイクに乗る。

この時点で上半身がガチガチに固まって、十分なハンドル操作が出来なくなる。

バイクは下半身で乗るものである。

下半身で乗るというのは、主に脚の力を使って乗ることを意味する。

上記の通り、バイクに乗る時には自分の身体とバイクを固定しなければならない。

その固定に、上半身でなく下半身を使う。

方法は簡単だ。

燃料タンクを両脚でガッチリと挟み込む。

特に両膝のあたりでバイクを掴んでいる感じになるはずだ。

これであなたの身体は、バイクに完全に固定される。

脚を使って固定できるようになると、上半身が一気に楽になる。

少し大袈裟に言うと、僕は「両手はハンドルに添えるだけ」で乗っている。

脚にだけは常に力を入れておいて、上半身をラクに構える。

すると、肩や腕の力が抜けてハンドルを自由に操作することが出来るようになる。

この乗り方に慣れれば、クランク突破は時間の問題だ。

ちなみにスラロームの方も、これと同じ要領で解決できる。(ちょっとしたコツも必要ではあるが)

「下半身を使う」という、たったこれだけのことを知らないせいで、どれほどの苦労をしたことか。

この事実をもっと早くに知っていれば、僕はクランクであんなにコケずに済んだはずだ。

クランクで苦労している人に、この情報が伝わることを祈っている。

バイクに乗る(買う)人と乗らない(買わない)人の特徴、バイクで得する人と損する人の違い

「バイクは馬鹿にしか乗れない」は本当

スポンサーリンク







スポンサーリンク