マント着てバイクに乗るのはやめた方がいい。

バイクバカというよりバカなバイカーの僕です。

ずっとマントを羽織って一人旅していました。

旅の途中でバイクに乗ることになり、でもどうしてもマントを脱げなくて、結局マント羽織ったまましばらくバイクに乗っていました。

最近ようやくライジャケを着始めて、マントを脱ぐ決心が出来ました。

これからマントを着てバイクに乗ろうと考えている人へ、僕からアドバイスがあります。

とりあえず体に巻き付けてバタつかせないことが重要です。

乗りづらい。

マント着てバイクに跨ると、最高に乗りづらいんです。

終始悩まされました。

僕のマントはひらひら薄っぺらの伊達マントではなく、羽織ると膝下くらいまである2、3キロくらいあるクソデカずっしりマントです。

「危なくない…?」

「巻き込んだら死ぬやで」

よく覚えてないけど100万回は言われました。

そんなの言われなくても分かってます。

だから、広がるマントを体に巻き付けてタンクごと脚で挟んで固定して乗ってました。

ちなみに風の抵抗はデカいです。

マントには腕を出す穴が開いてるんですが、そこから空気が入り込んできて後ろ(背中の方)が膨らみます。

これはダメみたいですね。

バカだと思われる

マント着て乗ってるとバカだと思われます。

まあバカだからね、しょうがないね。(諦念)

やめた方がいい、とは何回も言われました。

「このライジャケあげるから、マントはここに置いていったら?」と言ってくれたライハの人もいました。

断る手は無いんですが、断りました。

どうしてもマント着て帰ってきたかったので。

一応こだわりはありました。

その後もマントで走っていましたが、腕は寒いし風になびくマントが気になるしで、良いことありませんでした。

「バカだと思われる」と書きましたが、僕が直接バカだと言われたわけじゃありません。

僕がみんなにバカと思われたかどうかは定かではない。

ただ僕が、マントを羽織ってバイク乗ってる奴をもし見かけたら、そいつをバカだとは思います。

そういう意味で、少なからずバカだと思われる可能性はある。

ライジャケに感動する

最後にマントからライジャケに着替えてみての感想ですが、感動的です。

ライジャケ考えた人はエライと思いました。

安全だし乗りやすいし、バイク乗るならライジャケがいいです。

もうマントでバイクはやめにしましたが、今度は代わりにでっかいストール?みたいなのを手に入れました。

これも巻き込んだら確実に死にますがマントよりは絶対乗りやすいです。

じゃけん、バイクは楽しく安全に乗りましょうね~。

もしどうしてもマントでバイクに乗るなら、しっかり体に巻き付けてなびかないようにすれば乗れますよ。

スポンサーリンク







スポンサーリンク