レッドバロンは結局良いの?悪いの?実際にバイク買ってみた感想。

レッドバロンは良し悪しはともかく日本全国にあり、有名である。

そこが売りである。

安くはないが、悪くない。

レッドバロンのバイクは安くない。

ヤフオクの方がよっぽど安く買える。

だが初心者にヤフオクはまず薦められない。

ヤフオクは当たりが出れば良いが、悪い時は最悪である。

自分でかなりのバイク整備が出来るような上級者向けである。

それと比較するとレッドバロンは安くはないが、まず乗り始めから安心してバイクに乗れる。

しかも整備等のアフターサービスが、全国どこでも受けられる。

どちらかと言えばレッドバロンは高い方だが、限りない安心感がある。

全国どこでも同じ会社の整備が受けられるのである。

ロングツーリングなどの際、旅先で良さげなバイク屋を必死に探す必要が無い。

これは長旅を経験してみると分かる。

日本一周の途中でラジエーターが煙を吹いた時は、レッドバロンで良かったとつくづく思った。

とりあえず最寄りのレッドバロンに持ち込めば何とかしてもらえる。

ゆえに、バイクは乗るのが専門で整備等は一切出来ない、やらないという人にはレッドバロンは大変おススメできる。

オイル交換やチェーンの油さしなど細かいこともやってくれる。

なおエンジンオイル交換は有料だがチェーン給油は無料である。

バイクのことで困った時は、出先だろうととりあえず最寄りのレッドバロンを探して丸投げすればよい。

日本全国に店舗があるから、どこに行っても困ることはほぼ無い。

バイクは金がかかるもの

バイクに乗るには、金をかける覚悟が要る。

バイクは案外金がかかるものである。

バイクは倒れる。

転びもする。

壊れる。

バイクとは、どうやって乗っても金がかかるものである。

チェーン給油は雨に打たれた後、もしくは500キロごとと言われている。

エンジンオイル交換は3000キロからせいぜい5000キロに一回。

エンジンオイルフィルターは5000キロから10000キロに一度は必要である。

日本一周など始めれば、10000キロはあっという間だ。

転ばなくてもただでさえ金がかかるうえに、旅先では転ぶ。

ウィンカーを折ったりカウルを割ったりする。

バイクに乗るなら、金がかかることを認め、金を払う覚悟をしておく必要がある。

ヤフーオークションなどはバイク自体は安く買えるが、故障が出るたびにその都度金をかけることになる。

レッドバロンでは容易に故障が出ないように定めた水準まで整備をしてから売ってくれる代わりに、乗り出しの値段が高い。

後からちょこちょこ金を出すか、最初にまとめて金を出すか、という違いがあるのみで、いずれにせよバイクは金がかかる。

バイクに金をかけずに乗ることは出来ない、バイクは必ず金がかかる。

この事実は曲げようがない。

レッドバロンでバイクを買うということは、安心安全や気楽さも併せて買うということである。

スタッフの対応が悪いとか店舗ごとのサービスの質が異なる、のような下馬評は、大手企業なのでどうしても耳に入る。

だがそれを気にしても仕方がない。

少なくとも筆者がこれまでにレッドバロンで買ったデメリットを感じたことはない。

悪い評判の数だけ良い評判もあることを忘れてはならない。

総評としては、とにかく初心者には大変おススメである、といったところだ。

スポンサーリンク







スポンサーリンク