確実な行動力を掴む考え方。やる人とやらない人の違いは「やるのが先か、考えるのが先か」

行動力が欲しい。

僕の昔からのそういう願いは、少しづつ現実となってきました。

それには、以下のような考えがとても重要な役割を果たしてくれました。

行動するきっかけは、誰にでもある

何かやりたいことは?

そう聞かれた時に、パッと思い浮かぶものがありますか?

まあ、何かしらはあるでしょう、人間だし。

僕にも随分やりたいことがあります。

ここで重要なのは、出来るかどうかを先に考えないことです。

今それを出来るかどうかで考え始めたら、やりたいことなんて全部全部引っ込んじまいます。

では、出来るかどうかは関係なく、ただ純粋にやりたいと思うことは?

それならありませんか?

それが行動のきっかけです。

誰もが持っている、行動のきっかけとなるものです。

じゃあ、誰もがきっかけを持っていて動けないのは何故だ?

それは考え過ぎが原因です。

以前の僕にも、沢山のやりたいことがありました。

しかしそれを実行する前に、余計なことをゴチャゴチャと考え過ぎていました。

本当に大切なことはこうです。

物理的に不可能でなければ、出来る。

「身一つで空を飛びたい!」と願うのはナンセンスです。

それは物理的に不可能ですから。

しかし「ムササビスーツを着て空を飛びたい!」と願うなら、それはいつか叶いますよ。

物理的に可能ですから。

やる人はやるのが先。やらない人は考えるのが先。

人間は一度考え始めると、最後には結局「やっぱいいや」とか、もっと悪いときには決断せずにそのまま検討中にしたりします。

人間とは、変化に臆病な生き物なのです。

何か新しいことを始めるってのは、自分に変化を与えることにもなります。

だから「やりたいことをやる」のにも、人間はいつでも臆病です。

論理的に何かが怖いのではなく、なにとも分からない何かが怖い。

その曖昧な恐怖が、人間がチャレンジできない理由です。

考え始めると何もかもが怖くなるのは自然なことです。

「やる人」の鉄則は、「怖くなる前に考えるのをやめて行動する」もしくは「考えずに始めちゃう」の必ずどちらかです。

でなければ行動できませんから。

彼らも僕たちと同じ人間ということです。

実は、たったそれくらいの違いです。

そういうことに気付いてからは速かった。

とりあえずやるか。

とりあえずやってみてから考えるか。

そうやって少しづつ、考えることよりも「とりあえず行動すること」を優先させるように常に自分に言い聞かせました。

「とりあえず行動」してみて、「とりあえず行動する」のは全然怖いことじゃないんだ!と理解してください。

その理解だけが、あなたを曖昧な恐怖から解き放ってくれます。

最初ですか?

最初の一回目の「とりあえず行動」だけは死ぬほど怖いですよ。

最初が最難関。とは、よく言ったもんですw

「アテがあるのか」って訊いてくる人はなんなの??無いから、今から作りに行くんじゃねえか

スポンサーリンク







スポンサーリンク